スタッフブログ

2014.08.14更新

妊娠初期に採血を行いますが、その検査項目の一つに血液型や不規則抗体というものがあります。

血液型についてご説明します。
有名なものにABO式があります。

これは赤血球表面などから出ている「糖鎖」というものの構造の違いで分類されています。


ABO式ではこのように分類されます。




例えばA型の血液には、A型の糖鎖をもつ赤血球とB型の血球の糖鎖にくっつく抗体(抗B抗体)があります。
B型の血液には、B型の糖鎖をもつ赤血球とA型の血球の糖鎖にくっつく抗体(抗A抗体)があります。

もしA型の人にB型の血液を輸血した場合、A型の血液に含まれる抗B抗体と輸血したB型赤血球
が結合してしまい、赤血球が壊れてしまいます(溶血といいます)。
(この際の輸血した抗A抗体は数が少ないのであまり問題となりません。)

輸血量が多いと、溶血からさらに腎不全、ショックと進行してしまいますが、これは他稿に譲ります。


実は赤血球には、このABOだけでなく、非常にたくさんの糖鎖があります。
(たくさんの血液型があると言えます。)




この糖鎖に対する抗体が不規則抗体です。
不規則抗体には、前述のABO式の様に自然にもともと持っているものと、輸血や妊娠をきっかけに抗体ができたものとがあります。

不規則抗体の頻度は?
全妊婦さんで2〜3%くらいです。

妊娠中に不規則抗体が問題になる理由は?
(お母さん側の問題)
先程述べたように、溶血しないように輸血をせざるを得ない場合は、持っている不規則抗体が反応しないような赤血球を探さなくていけません。

(胎児側の問題)
胎盤を通してお母さんの不規則抗体が胎児にいってしまうことがあります。
つまり胎児に輸血したような状態になるのです。

胎児の赤血球が溶血すると、胎児貧血がおこり、胎児水腫(全身のむくみ)、心不全が生じる可能性があります。

また、出生後に新生児貧血黄疸を生じることもあります。
溶血の結果生じる間接ビリルビンというものを妊娠中は胎盤を通して母親の肝臓で分解します。
生まれたばかりの赤ちゃんは間接ビリルビンの処理する能力が弱いので蓄積されやすいです。
この結果非常にまれですが、脳神経に障害をきたす場合もあります。

ただし、すべての不規則抗体が問題になるわけではありません。
分子量が大きくて胎盤を通過しずらいものや常温では反応しない抗体もあるからです。
特に図の中の「重要」と「可能性あり」が胎児に影響がある場合があります。





妊娠中の管理は?
溶血・黄疸で治療を要するのは、文献によると約25%くらいです。
(重症化しやすいRh不適合妊娠をのぞくと11.5%程度です。)

残念ながら予防方法はありません。
定期的に間接クームス検査や抗体価検査を行い評価して、また胎児超音波検査で、胎児水腫や胎児貧血のチェックをして早期発見をします。

そして生まれた後は毎日黄疸の検査を行います。


次回は、お母さんがRh陰性であった場合のお話をしようと思います。

副院長 今野 秀洋

(参考文献)
1. ACOG Practice Bulletin No. 75: Management of alloimmunization during pregnancy.
Obstet Gynecol. 2006;108(2):457-64.
2. 大戸斉;新生児溶血性疾患と母児免疫. 輸血学(改訂第3版);中外医学社 2004:512-521
3. 稲岡 千佳子ら;当センターにおける不規則抗体陽性妊婦と出生児溶血性疾患についての考察;Jpn J Trans Cell Therapy. 2013;59(3):86-491
4. 内川 誠;不規則抗体をもつ患者の輸血について;CLINICIAN 1994;432:699-701
5.日本産婦人科学会 産婦人科診療ガイドラインー産科編2014

投稿者: 佐野産婦人科医院

TEL 047-352-5705 分娩・時間外緊急専用電話 047-303-3020
top_img14_1_sp.png
top_img14_2_sp.png
TOMORU助産院TOMORU助産院
院長ブログ院長ブログ
スタッフブログスタッフブログ
フェイスブックフェイスブック
浦安市長への意見書浦安市長への意見書
署名運動ご協力のお願い署名運動ご協力のお願い