スタッフブログ

2014.09.05更新

平成24年秋より、当院では胎児超音波スクリーニングを開始しております。

胎児超音波スクリーニングとは?
ほとんどのご両親は、当然のことながら、赤ちゃんは問題なく生まれてくるものだと考えていると思いますが、 実際のところ出生した児の2%くらいになんらかの先天奇形がみられ、そのうち約90%は特にリスクのないお母さんから産まれてくると言われています。
その中には産まれてからすぐに治療してあげなければ救命できないようなものもあり、 もしお腹の中にいるうちに見つかっていれば、サポートする体制を整えたうえでお産ができ、ご両親も心の準備をしておくことができます。

もちろん通常の妊婦健診でも、注意して拝見しております。
しかし妊婦健診ではお腹の中の胎児のことだけでなく、お母さんの状態のチェックもあり、産後に向けた指導もあり、限られた時間しかないのが現状です。
そこで、それに加えて「胎児を診察すること」により特化した時間をかけることのできる機会を当院では別に設けております。それが、胎児超音波スクリーニング外来です。


スクリーニング外来開始当初より、皆様の関心が高いのか、お問い合わせやホームページでのアクセス数も多く、また予約もいっぱいとなっております。


そこで今年の10月より、検査日を増やすこととしました。
検査日は毎週月曜日、火曜日、金曜日です。
午後に行っており、所要時間はだいたい20分前後を目安としております。




希望者のみ検査としておりますが、胎児超音波スクリーニング検査を妊婦さん全員に実施されることがよいのではないかと私は考えております。


またこの外来では、胎児を最新の4D画像で見ることもできますので、是非ご家族の方と参加していただけたらと思います。

当院では妊婦健診も同時に行うことで、母子手帳の受給券をご使用いただけますので,  追加料金はかかりません。



副院長 今野 秀洋

投稿者: 佐野産婦人科医院

TEL 047-352-5705 分娩・時間外緊急専用電話 047-303-3020
top_img14_1_sp.png
top_img14_2_sp.png
TOMORU助産院TOMORU助産院
院長ブログ院長ブログ
スタッフブログスタッフブログ
フェイスブックフェイスブック
浦安市長への意見書浦安市長への意見書
署名運動ご協力のお願い署名運動ご協力のお願い