スタッフブログ

2014年9月26日 金曜日

妊娠期間中のインフルエンザワクチン接種についてご説明します。

当院では、今年も妊婦さん向けに10月1日からインフルエンザワクチン接種を開始する予定です。

妊娠中にインフルエンザにかかると重篤な合併症が起こりやすいと言われています。
もし妊婦さんがインフルエンザに感染した場合、心臓や肺の機能が悪化し入院する相対的リスクは、非妊娠時の1.4倍~4.7倍と高くなると言われています。

妊娠中に注射することのよる赤ちゃんへの影響が心配だと思いますが、現在使用されているインフルエンザワクチンは不活化ワクチンであるので、理論的に妊婦さんや胎児に対して問題はありません。

日本や米国では、いずれの妊娠週数の妊婦さんへのインフルエンザワクチン接種を推奨しています。

もちろん、アレルギー等の副作用には注意しないといけませんが、特にワクチン等に対するアレルギーがない方には、私は接種することをお勧めしております。

猶、当院では、妊婦さんに対して防腐剤の入っていないワクチンを準備しておりますので、より安心して頂けるのではないかと思っております。

副院長 今野 秀洋

投稿者 佐野産婦人科医院

カテゴリ一覧

カレンダー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
佐野産婦人科医院 047-352-5705

産科診療メニュー

  • 妊婦検診
  • 産科手術
  • 羊水検査
  • 乳児診察
  • 胎児スクリーニング検査、4D超音波検査

婦人科診療メニュー

  • 婦人科子宮がん検診
  • 不妊外来
  • その他
アクセス


大きな地図で見る住所
〒279-0001
千葉県浦安市当代島1-3-22

詳しくはこちら
モバイルサイト