スタッフブログ

2017年6月 1日 木曜日

脳性麻痺の子どもに対する臍帯血を用いた臨床研究が進んでいるようです。

以前、ブログで臍帯血保存についてお話ししました。
脳性麻痺の子どもに対してその臍帯血を用いた臨床研究が高知大学医学部附属病院で進んでいるようです。




脳性麻痺とは、受胎から新生児期までの間に生じた脳の非進行性病変に基づく、永続的なしかし変化しうる運動および姿勢の異常です。

出生前後の低酸素や感染症等により脳が障害を受けることによって引き起こされることがありますが、原因が分からない場合も少なくありません。

そういったお子さんの状態を少しでもよくすることができる可能性があります。

このような臨床研究が順調に進んで、一人でも多くの方が救われるといいですね。

臍帯血保存についてご興味がある方は、ステムセル研究所のHPを拝見してみてはいかがでしょうか。


院長 今野 秀洋

投稿者 佐野産婦人科医院

カテゴリ一覧

カレンダー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
佐野産婦人科医院 047-352-5705

産科診療メニュー

  • 妊婦検診
  • 産科手術
  • 羊水検査
  • 乳児診察
  • 胎児スクリーニング検査、4D超音波検査

婦人科診療メニュー

  • 婦人科子宮がん検診
  • 不妊外来
  • その他
アクセス


大きな地図で見る住所
〒279-0001
千葉県浦安市当代島1-3-22

詳しくはこちら
モバイルサイト