管理栄養士ブログ

2017.12.12更新

妊娠したら【二人分たべなさい】と良く言われていますね。

確かに妊婦さんの食事は、母体と赤ちゃんの二人分の栄養源となります。

 

実際に「二人分も食べられない。」と皆さんが悩まれるのは【量】についてのことが多いようです。

ここで大切なことは【量】ではなく、まず【食事の質を高める】こと。

 

よろしければ、以下、確認してみてくださいね。

 

☑毎日三食、食べている。

☑毎日発酵食品を食べている

☑毎食【肉・魚・卵・大豆製品】のいずれか(複数でも可)が入っている。

☑毎食【野菜・きのこ類・海藻類】のいずれか(できたら全て)が入っている。

☑家庭では、良質な水・塩・油脂を選んで調理している。

☑菓子パンはほとんど食べない。

☑ファーストフード、スナック菓子・スイーツ・ジュースはほとんど食べない。

 

他にも挙げたらキリがないのですが・・・

全てに☑がつかなくても、数を増やしていきましょう。

☑が一つもつかない方、あきらめる必要は全くありません。
赤ちゃんとご自身の健康を守るためにも、いますぐにできることから始めてみましょう。

 

量は体格によっても違いますし、その時の体調や様子によって変化するものだと考えています。

 

なお、つわりの症状がある方は上記に当てはめる必要はありません。

こちらもおひとりお一人、症状も対処法も異なりますので、まずは管理栄養士にご相談くださいませ。

個々にあったプランを一緒に考えていきましょう。

 

 

kato

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 佐野産婦人科医院

TEL 047-352-5705 分娩・時間外緊急専用電話 047-303-3020
top_img14_1_sp.png
top_img14_2_sp.png
TOMORU助産院TOMORU助産院
院長ブログ院長ブログ
スタッフブログスタッフブログ
フェイスブックフェイスブック
浦安市長への意見書浦安市長への意見書
署名運動ご協力のお願い署名運動ご協力のお願い