スタッフブログ

2018.08.15更新

風疹の患者が首都圏を中心に増えています。

NHK首都圏 NEWS WEB
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20180815/0016901.html

千葉県内の患者は今月5日の時点で全国で最も多くなっていて、その後の1週間で新たに15人の患者が報告されているとのこと。

今回、葉子先生がこの件に関してNHKの取材をお受けしました。

 

葉子先生 

 

 妊娠中の方で風疹抗体が陰性の方は、注意が必要です。

風疹抗体が陰性の方が妊娠初期に風疹に感染すると、高確率で胎児感染を引き起こします。
その場合は、先天性風疹症候群となり、様々な障害を抱えることが起こります。

また、先天性風疹症候群の新生児は、出生後にウィルス排出が持続するため、他の新生児や抗体を持たない成人に感染する可能性もあります。


妊娠20週以降の方では、先天性風疹症候群はまれではあります。しかし風疹感染が、早産などの誘因になるケースもあります。


千葉県内では患者の8割が男性で、予防接種を受けていない人が多い40代が最も多いということです。
夫が感染し、そして妊婦さんに感染することがおこるかもしれません。

妊娠を考えている方や家族が妊娠中の方は、風疹に関する認識がとても大切だと思います。

院長 今野 秀洋

 

投稿者: 佐野産婦人科医院

SEARCH

TEL 047-352-5705 分娩・時間外緊急専用電話 047-303-3020
top_img14_1_sp.png
top_img14_2_sp.png
TOMORU助産院TOMORU助産院
院長ブログ院長ブログ
スタッフブログスタッフブログ
フェイスブックフェイスブック
浦安市長への意見書浦安市長への意見書
署名運動ご協力のお願い署名運動ご協力のお願い