スタッフブログ

2021.06.20更新

先日、鎮痛剤が効かないほどのひどい月経の16歳の娘さんが、お母様といらっしゃいました。

 

25歳未満では、月経困難症が4割ぐらいにあるとも言われています。
月経痛がひどい場合、多くは鎮痛剤を使用されているかと思います。

しかし、鎮痛効果がない場合は、実は子宮内膜症が隠れていて、その後病態が進行していく場合もあります。

 

腹痛

 

 

(子宮内膜症とは)
子宮内膜に似た組織が何らかの原因で、本来あるべき子宮の内側以外の場所で発生し慢性的に発育する疾患のことです。

 

子宮内膜症は、女性ホルモンの影響で月経周期に合わせて増殖し、例えば卵巣などで内月経時の血液が排出されずに貯留したり(チョコレート嚢腫)、膀胱や直腸などと癒着をおこして骨盤痛を引き起こします。生殖年齢の方の10-15%ぐらいに認め、不妊の原因にもなります。

 

 

また家族性も言われており、遺伝的要素が関与してる可能性もあります。

 

 

チョコレート嚢腫があれば、超音波検査でもおおよそ診断をつけることはできます。

しかしながら、骨盤内の癒着病変は超音波検査では同定は難しく、本当に「子宮内膜症」かどうか診断するには、腹腔鏡などを用いて腹腔内をみてみないとわかりません。

 

 

 

 

 

骨盤痛をもつ10歳から21歳の880人を腹腔鏡で調べた研究があります。

腹腔鏡でこの880人のうち543人(62%)に子宮内膜症の診断がつきました。

なんと月経困難症を伴う思春期女性の70%(102/146人)に、子宮内膜症が認められました。

 

 

 

 

また別の報告ですが、中等度から重度の子宮内膜症をもつ268人と244人の子宮内膜症のない方を比べた研究があります。

 

この研究で、現在の子宮内膜症と思春期に月経がつらいこととの間に関係があることがわかりました。

 

月経困難症1

 

 

 

 

 


思春期にしばしば月経痛がひどかったと感じていた人は、月経がつらくなかった人に比べて2.6 倍、子宮内膜症になるようです。

つまり思春期に月経がつらかった方は、将来子宮内膜症と診断を受ける可能性があります。

 

 

 

 

またこの研究では、初経が早い方ほど、将来子宮内膜症と診断される可能性も指摘されました。

 

月経困難症2

 

 

 

 

 

 

 

まとめると
現在、思春期に月経に困っている方は、将来に「子宮内膜症」と診断される可能性があります。

今後さらに月経困難が悪化したり、骨盤痛など不便さを引き起こし、また不妊症となるかもしれません。

 

月経困難症に対して、低用量ピルなどのホルモン治療が効果的であります。

 

また、子宮内膜症に対しても低用量ピルなどのホルモン治療を行うことにより多くの方は改善します

 

 

そのため、思春期月経困難症に対して、低用量ピルなどのホルモン治療をお勧めするようになってきております。

今、何もせずに大人になって重度の子宮内膜症となり、治療が難渋したり、大変な思いをすることがあるかもしれません。

 

 

是非お母様とともにいらして、ご相談してください。

 

 

院長 今野 秀洋

 

 

 

(参考文献)
1.Janssen EB, et al; Prevalence of endometriosis diagnosed by laparoscopy in adolescents with dysmenorrhea or chronic pelvic pain: a systematic review ; Human Reproduction Update; 19(5); 570–582; 2013
2. Treloar SA, et al; Early menstrual characteristics associated with subsequent diagnosis of endometriosis; Am J Obstet Gynecol; 202(6); 534.e1-6; 2010
3. 子宮内膜症・子宮腺筋症 診断アトラス&新たな戦略;監修大須賀 穣, 編集 甲賀かおり;中山書店
4.子宮内膜症 日本産婦人科学会; http://www.jsog.or.jp/modules/diseases/index.php?content_id=9

 

投稿者: 佐野産婦人科医院

SEARCH

ARCHIVE