スタッフブログ

2021.09.15更新

妊娠中、授乳中、妊娠を計画中の方は、新型コロナワクチン接種が推奨されております。

(厚労省ホームページよりhttps://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0027.html

 

 

 

妊娠中である16歳から54歳、35691人を調べた報告があります。

ファイザー社ワクチンを接種した方が19252人、モデルナ社ワクチンを接種した方が16439人の計35691人を調査しております。

 

 

各社ワクチンの副反応の頻度を表にしております。

 

vaccine

 

 

 

妊娠していない方と比較してみたところ、「注射部位痛」は頻度が少し多かったものの、「頭痛」、「筋肉痛」、「寒気」、「発熱」は発生頻度が少ない傾向がありました。

 

 

 

また、妊娠中の流早産や児への影響についても調べてあります。

 

outcome

 

 

予後も接種有無で変わらないようです。

 


まとめると

妊娠中の新型コロナワクチン接種による副反応は認めるものの、重篤化することはなさそうです。

また、児への影響もみられないのではないかと考えられます。

 

 

 

もう一つ妊娠中のワクチン効果について調べた報告もあります。

出産した2002人を調べています。

 

140人(7.0%)が妊娠中にワクチン接種を行い(中央値 妊娠32週(妊娠13週6日〜40週4日)、このうち73.6%が2回接種完遂できました。

また、212人(10.6%)が、妊娠中にCOVID-19に感染しておりました。

 

vaccine2

 

 


このうちワクチン接種した方のうち2人(2/140人、1.4%)が分娩までにCOVID-19に感染しました。

感染率で比較して、妊娠中のワクチン接種群 vs 非接種群=1.4% vs 11.3%(210/1862), p<0.0001)であり、つまりワクチン接種の方が感染率が低く、ワクチン接種に感染予防の効果があることがわかりました。

 

院長 今野 秀洋

(参考文献)
1. Shimabukuro TT, et al. : Preliminary Findings of mRNA Covid-19 Vaccine Safety in Pregnant Persons: N Engl J Med. 2021.
https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa2104983
2. RN Theiler, et al; Pregnancy and birth outcomes after SARS-CoV-2 vaccination in pregnancy: Am J Obstet Gynecol MFM. 2021

 

投稿者: 佐野産婦人科医院

SEARCH

ARCHIVE