スタッフブログ

2021.09.12更新

CDC(アメリカ疾病予防管理センター)からの報告です。


①5252人のCOVID-19に感染した妊婦さんとそのベビーをまとめた報告

母親の年齢 中央値 28.9歳(つまり若い女性です。)

4495人(99.3%)は生産となりました。

 

12.9%(506名)は早産となりました。


USAの早産率は10.2%なので、COVID-19に感染した場合の方が、少し早産率が上がっているように思われます。

 

 

週数別にわけると
34-36週で出生 357名(全体の9.1%)
32-33週で出生 50名(全体の1.3%)
28-31週で出生 69名(全体の1.8%)
28週未満で出生 30名(全体の0.8%)

ちなみに早産の頻度は、COVID-19に感染した母親が症状の有無とは関係がありませんでした。

つまり無症状だから早産しにくいわけでもありません。

 

 

残念ながら9名(0.2%)は、病院で新生児死亡となっております。

 

 

分娩前14日以内に感染した母親から生まれたベビーのうち、4.3%(328名中、14名)新生児にPCR陽性となっていました。
一方、PCR陽性から14日以上経過したベビーは、PCR陽性は0名でした。

 

 

 

 


②15歳から44歳のCOVID-19に感染した有症状である、23434人の妊婦さんと386028人の妊娠していない女性を比較した報告

 

 

 

coviddata

 


まとめると
妊娠すると、COVID-19に感染した場合、比較して少し重症化しやすいようです。
また、早産の頻度が少し増える可能性があります。


院長 今野 秀洋

 

 

(参考文献)
1. Woodworth KR, et al.: Birth and Infant Outcomes Following Laboratory-Confirmed SARS-CoV-2 Infection in Pregnancy — SET-NET, 16 Jurisdictions, March 29–October 14, 2020
2. Delahoy MJ, et al.: Update: Characteristics of Symptomatic Women of Reproductive Age with Laboratory-Confirmed SARS-CoV-2 Infection by Pregnancy Status — United States, January 22–October 3, 2020

 

 

投稿者: 佐野産婦人科医院

SEARCH

ARCHIVE