スタッフブログ

2015.11.25更新

先ほど浦安市で、妊婦さん向けの講演を行いました。



少し遅刻をしてしまったり、スライドがうまく繋げないなどハプニングがありましたが、なんとか無事終了しました。

短い時間でしたが、伝えたいこと、今回は食べることについて、いくらかお話しできたかなと思います。


また、浦安市の健康福祉部健康増進課主催で、初めて出産を迎える、妊娠6ヵ月以上の方を対象に、出産・育児について学んだり、友だちづくりの機会を設けています。

ウェルカム!ベイビークラス(http://genki365.net/gnku04/pub/sheet.php?id=2741

全3回のうち、パパの参加ができる回もあるようです。

こういうサービスも、非常にためになると思いますので、是非利用してください。

院長 今野秀洋

投稿者: 佐野産婦人科医院

2015.11.21更新

性器クラミジア感染症とは、性行為で感染する病気であり、わが国では最も多い性感染症です。
以前書いたクラミジアのブログhttp://www.sanolc.com/blog/2013/12/post-15-705495.htmlです。


症状は、おりものが多くなる・不正出血・性交痛・下腹部痛ですが、
しかしながら、女性の場合、感染者の半数以上は自覚症状がありません。

当然病院には行かないと思います。この状態のままでいると、やがて不妊や子宮外妊娠の原因となることがあります。







このグラフは、日本での325771例とアメリカでの601001例での妊婦クラミジア感染率の比較です。

日本では、妊婦検診でルーチンでクラミジア感染症をチェックしています。
これはいわば、無症状でいて、妊娠して初めて気づいた方のデータです。
不妊治療をしている方のクラミジア抗体陽性率は、妊婦の2〜3倍とのことなので、推測するに、実際にクラミジア感染をしている方は、これよりもっと多いと思われます。

特に多いのが、25歳以下であります。
つまり10-20代の若年層(未婚の方が多いと思います。)が感染しても気がつかずに、放置していると、将来の妊娠しづらい体にしてしまう可能性があります。これはとても困った問題ではないかと思います。

アメリカのCDCのガイドラインでは、25歳以下のすべての女性に対して、年一回の検査を推奨しています。また、最近パートナーが変わった人に対しても検査を勧めております。

日本でも、同様に性行為の経験がある方、特に25歳以下の方は、後で悔しい思いをしないように、定期的にクラミジア感染症の検査を受けることを私はお勧めしたいと思います。




院長 今野 秀洋


(参考文献)
1.熊本悦明;無症候性・性感染時代における、秘かな性器クラミジア感染症の大流行の実証;日産婦誌;67;11;2015
2.CDC STD treatment guidline; http://www.cdc.gov/std/tg2015/chlamydia.htm

投稿者: 佐野産婦人科医院

TEL 047-352-5705 分娩・時間外緊急専用電話 047-303-3020
top_img14_1_sp.png
top_img14_2_sp.png
TOMORU助産院TOMORU助産院
院長ブログ院長ブログ
スタッフブログスタッフブログ
フェイスブックフェイスブック
浦安市長への意見書浦安市長への意見書
署名運動ご協力のお願い署名運動ご協力のお願い