スタッフブログ

2015.12.20更新

通院中の妊婦さんから、「腰が痛いです。」という悩みを時々お聞きします。







妊娠すると、お腹も大きくなり腰や骨盤に負担がかかってきます。
また、元々肩こりがひどく、以前から湿布や塗り薬を使用してる方もいっらっしゃるかと思います。

妊娠中の飲み薬は避けた方が良いと考えていますが、湿布などの外皮用剤は大丈夫だと思っている方、多いのではないかと思います。



しかし、実はこの外皮用剤も注意が必要です。
皮膚を通して薬の成分が体内に入り、胎盤を通過して、胎内の赤ちゃんに届きます。

過去の事例で、妊娠後期に湿布薬を用いたら、赤ちゃんの心臓近くの大事な血管(動脈管)を収縮させたケースがいくつかあります。

これは湿布薬に含まれている成分が影響したのではないかと考えらます。

湿布薬には、いわゆる飲み薬の「痛み止め」、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)と分類される薬の成分が入っています。
NSAIDsには、アスピリン、アセチルサリチル酸、インドメタシン、ジクロフェナクナトリウム、ケトプロフェン、イブプロフェン、ロキソプロフェンナトリウムなどがあります。

1日に湿布薬をたった2枚使用していただけなのに、動脈管を収縮を引き起こした例もあります。

市販薬だから大丈夫とか、以前から使っていたから問題ないというわけでもないようなので、肩こりや腰痛で困っている場合、特に妊娠後期は、注意が必要だと思います。

また、以前ホームページのblogで妊娠中の腰痛に関することを書いているので(http://www.sanolc.com/blog/2015/03/post-59-1118639.html)、参考にして頂けたらと思います。

是非、外来でご相談して下さい。


院長 今野 秀洋

(参考文献)
1.高山 幹子;【非ステロイド消炎・鎮痛剤の正しい使い方】妊婦と授乳婦(解説/特集);ENTONI ;23;49-57;2003
2. 中島 康雄ら;妊婦・授乳婦への薬剤投与ガイド オキサプロジン,インドメタシン;薬事新報 ;2084;25-28;1999.11
3. 医薬品・医療機器等安全性情報 No.312;ケトプロフェン(外皮用剤)の妊娠中における使用について;2014年4月;
http://www1.mhlw.go.jp/kinkyu/iyaku_j/iyaku_j/anzenseijyouhou/312_1.pdf

投稿者: 佐野産婦人科医院

2015.12.17更新

生理痛が辛くて日常生活で困っている人、多いと思います。




月経困難症治療目的に低用量ピル(LEP)を用いて治療することがあります。
LEP製剤は、現在3種類ありましたが、この度「フリウェル配合錠LD」が発売となりました。

「フリウェル配合錠LD」は、以前からある「ルナベルLD」の後発医薬品です。


当院でも処方できるようになりましたので、外来でご相談してください。

院長 今野 秀洋

投稿者: 佐野産婦人科医院

2015.12.17更新

昨日、外来で、一人の時に陣痛が来たらどうすれば良いのでしょうか?という質問がありました。



以前もブログでお伝えしましたが、
第一交通グループ 日の出タクシーでは、浦安市・市川市内でママサポートタクシーというサービスを行っています。
http://www.daiichi-koutsu.co.jp/group/gaiyou/data/pdf/h26topics/260926mama_chiba.pdf
http://www.daiichi-koutsu.co.jp/taxi/mamasapo/

登録料無料、通常料金、24時間365日対応しているとのこと。
破水の際の防水シートも準備しているようです。

先日も、お一人で来院された方に付き添って運転手の方が、励ましながら病棟まで荷物を運んでいたことがありました。



突然の陣痛、破水で不安いっぱいの妊婦さんにとって、ありがたいサービスではないかと思います。

院長 今野 秀洋

投稿者: 佐野産婦人科医院

2015.12.17更新

平成28年1月から、妊娠届の際、マイナンバーが必要となります。
届け出時に番号確認と本人確認(免許証などが必要となります)を行いますので、ご協力をお願いしますとのことでした。

浦安市(http://www.city.urayasu.lg.jp/kodomo/ninshin/ninpu/1000778.html

これは日本中どの地区でもそうなるようなので、母子手帳取得の際はマイナンバーを忘れず準備して下さい。

投稿者: 佐野産婦人科医院

2015.12.12更新

今年10月ごろより、おたふく風邪(流行性耳下腺炎)に感染した方が増えています。

先月も、子供がおたふく風邪にかかった妊婦さんから問い合わせの電話がありました。

・流行性耳下腺炎に対して免疫がある妊婦は76.2%。
国立成育医療研究センターの調査によると、流行性耳下腺炎に対する抗体が陰性の方が6.5%、4倍未満の抗体低値者が17.3%とのことでした。
つまり2割以上の妊婦は流行性耳下腺炎に罹患する可能性があります。
しかも、抗体陰性者は年齢が若くなるにつれて増えており、1986年以降生まれの方では、なんと約4割が感染する可能性があります。

・おたふく風邪とは?
ムンプスウィルスによる急性の感染症であり、感染してから平均18日前後に発症します。
典型的な症状として、軽度の発熱、全身倦怠感、その後に唾液腺の腫脹や疼痛が生じます。

不顕性感染も20%あります。
合併症もあり、髄膜炎や、難聴、女性の場合は卵巣炎(5%)が言われています。

・おたふく風邪にかかった場合、妊婦や胎児への影響は?
妊娠初期にムンプスウィルスに感染すると、自然流産が増加するという報告があります。
一方、流産や早産率は変わらないという報告もあります。

先天性奇形には関連しないようですが、胎児心内膜線維弾性症、新生児血小板減少症の発症の報告もあります。

つまり、妊娠中に流行性耳下腺炎に感染した場合は、あまり大きな問題にはならないように思えますが、かからないように注意は必要です。

おたふく風邪感染者との濃厚な接触はなるべく避け、手洗い・うがいに心がけるようにしてください。

院長 今野 秀洋


(参考文献)
1.2015 CHIBA WEEKLY REPORT 千葉県結核・感染症週報 2015 年 第 49 週(平成 27 年 11 月 30 日~平成 27 年 12 月 6 日)  ; https://www.pref.chiba.lg.jp/eiken/c-idsc/documents/wr201548.pdf
2.  母体と児の感染免疫-最新の知見 駒瀬勝啓 ;母子感染 麻疹, 風疹, ムンプス;臨床と微生物 VoL38 No.6201:655-660;2011
3. 花岡正智, 山口晃史, 久保隆彦;妊婦の麻疹,風疹,水痘,ムンプス抗体 保有率の現状 -妊産婦へのワクチン接種の試み-;日本周産期・新生児医学会雑誌 ;48;2;292

投稿者: 佐野産婦人科医院

2015.12.03更新

以前、blog(http://www.sanolc.com/blog/2015/06/post-61-1155321.html)でお話ししましたが、りんご病(伝染性紅斑のこと)が一時減ったかと思いましたが、また少し増えているようであり、まだ注意が必要です。


厚労省の研究のホームページ http://www.med.kobe-u.ac.jp/cmv/
パンフレット http://www.med.kobe-u.ac.jp/cmv/pdf/pnf4.pdf



                                             参考にしてみてください。

院長 今野 秀洋

投稿者: 佐野産婦人科医院

TEL 047-352-5705 分娩・時間外緊急専用電話 047-303-3020
top_img14_1_sp.png
top_img14_2_sp.png
TOMORU助産院TOMORU助産院
院長ブログ院長ブログ
スタッフブログスタッフブログ
フェイスブックフェイスブック
浦安市長への意見書浦安市長への意見書
署名運動ご協力のお願い署名運動ご協力のお願い