スタッフブログ

2016.12.22更新

12月21日は冬至でしたね。

冬至といえば、ゆずとかぼちゃ。
無病息災を願い体を温める食材としていただく風習があります。

厨房では、ゆず?かぼちゃ??
何をお出しするのがよいか悩みました。

すこし甘くておいしいかぼちゃのお料理を・・・と考えて

「かぼちゃのいとこ煮!」

う~ん、それもありきたり・・・。
というわけで

いとこ煮からヒントをいただき、おいしいスイーツに変身させてみました♪




「かぼちゃの水ようかん あずき添え」
1食あたりのエネルギー66kcal  糖質11.6g


ほんのり甘い「和スイーツ」、ご好評いただきました♪

これからの寒い冬を健康に乗り切っていきましょう!


管理栄養士 加藤さおり




 

投稿者: 佐野産婦人科医院

2016.12.11更新

当院では思春期の、主に月経に悩みについてご相談を受けています。

例えば、

①(原発性)無月経
初経(初潮)がくるのは、本邦の報告では、平均12.2±1.3歳とのことです。
個人差が結構あると思いますが、16歳を過ぎても初経が来ない場合は、婦人科受診をしたほうが良いと思います。

②月経不順
初経を迎えても、数年間はホルモンが不安定であり、月経不順となりやすいです。
また思春期ぐらいから、ダイエットを意識しだす年頃だと思いますが、あるいは、かなり積極的な部活動生活に伴い、急激な体重減少を生じ月経不調をきたすことがあります。
そのため、月経周期が短かったり、3ヶ月以上月経が来なかったり、また出血が一週間以上続いたりして日常生活に困ることもあります。

また、修学旅行や受験などを控えていて月経移動をご希望をされる場合も、ご相談受けることができると思います。

③月経困難症
月経困難症とは、月経に伴い、出血が特に多い頃に生じる、周期性の下腹部痛や腰部痛、腹部膨満感、嘔気、またいらいら、憂うつなどのことです。初経後3年以内に発症し、年齢とともに次第に軽快していくことが多いようです(大人でも月経困難症の方も少なくないですが。)。
原因としてホルモンの分泌が多いことによる子宮筋の過収縮や血管の攣縮、子宮の発育不全や子宮口が狭いなど月経血通過時の物理的な神経刺激が考えられます。また、月経に対する不安や緊張などの心理的ストレスも一因となるようです。

などです。
お母様と一緒に受診される方が最近増えていきたなあと感じております。

もし女性医師の診察をご希望の方は、外来表をご確認されてからご来院して下さい。
必ずしも内診台での診察が必要としないこともあります。腹部超音波検査で対応できる場合もありますので、あまりご心配せずにご相談して下さい。

院長 今野 秀洋

(参考文献)
1.福岡 秀興ら;10代の過度のダイエットに警告を;母性衛生;45巻1号;学3-8;2004
2.戸田稔子ら;当科における思春期女性受診者の臨床的検討;思春期学;16;319-323;1998
3.丸山 史ら;摂食障害患者と無月経 BMIを指標とした予後調査より;思春期学;18巻1号;177-181;2000
4.宮崎 美千子ら;青年期女子の低体重についての考察;聖母大学紀要;6;29-35;2010
5.宮崎 美千子ら;女子大学生における低体重の現状;CAMPUS HELTH;41巻2号;57-62;2004
6.辻岡 三南子ら;女子高校生における続発性無月経;慶應保険研究;21巻1号;27-31;2003
7.岡野 浩哉;低エストロゲン性無月経と薬剤選択;骨粗鬆症治療;11巻2号;45-51;2012
8.望月 善子;思春期月経困難症―心とからだの視点から;日エンドメトリオーシス会誌;35:107-110 ;2014
9.神崎秀陽編;婦人科内分泌外来 ベストプラクティス;医学書院 
10.百枝 幹雄編; 基礎からわかる女性内分泌;診断と治療社
11.日本女性医学学会編;女性医学ガイドブック 思春期・性成熟期編 2016年度版;金原出版

投稿者: 佐野産婦人科医院

2016.12.10更新

当院初の試みになります【離乳食おはなし会】の第一回は・・・
受付開始からすぐに満席となり、皆様の離乳食への関心の高さを感じました。

当日は簡単なゲームを取り入れながら、栄養士による講座、試食へと進み、実際に食べ比べやプチ調理実習を通じて離乳食を体験していただきました。
最後には和気あいあいとした雰囲気の中で皆様からたくさんのご質問をいただき、お悩みもスッキリ解決されたようです。








参加者の皆様からは
「面倒と思ったけれど、それよりも食べてもらいたい!と思えたので家でも作ってみたい。」
「いつはじめようかと悩んでいたが、明日からやってみようと思った。」
「味付けしない料理においしさがあるということを感じたので、手作りしてみようと思う。」
「自分の離乳食が大丈夫だとわかったので安心した。」
といったご感想をいただきましてスタッフ一同、とてもありがたく安心した気持ちになりました。

ご参加のみなさま、ありがとうございました!

次回の開催予定は12月14日(水)ですが、すでに満席のご予約をいただいております。
今後の予約方法は、当院でご出産された該当月齢のお母さま宛にご案内メールを差し上げますので、WEBにてご予約くださいませ。

管理栄養士 加藤さおり

投稿者: 佐野産婦人科医院

TEL 047-352-5705 分娩・時間外緊急専用電話 047-303-3020
top_img14_1_sp.png
top_img14_2_sp.png
TOMORU助産院TOMORU助産院
院長ブログ院長ブログ
スタッフブログスタッフブログ
フェイスブックフェイスブック
浦安市長への意見書浦安市長への意見書
署名運動ご協力のお願い署名運動ご協力のお願い