スタッフブログ

2017.03.29更新

A群溶血性連鎖球菌(GAS)は、咽頭炎を主な症状とする小児に多い感染症の一つです。
GASは稀ですが、劇症的に全身性感染となり、死に至ることもあります。
「人食いバクテリア」という驚くような名称で報道されたこともあるので、ご存知の方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

妊娠中の産道感染の原因となるB群溶血性連鎖球菌(GBS)(http://www.sanolc.com/blog/2014/07/bgbs-938953.html)とは全く異なる菌です。

妊娠していますが、GASは大丈夫ですか?

妊娠中も唾液や咳を介してGASに感染することがあります。
小児同様に多くは扁桃腺の腫れや発熱で済むのですが、稀に劇症型GAS感染症となることがあります。

妊娠中の劇症型GAS感染症とは?

妊娠・産褥期の血液中に入ったGASは、子宮筋層炎や敗血症、その後ショック、DICを引き起こすことが稀ですが、あります。

妊娠中に劇症型GAS感染症に感染した55人を調べた報告によると

38度以上の発熱 94%
上気道症状    40%  
下痢は吐き気、嘔吐などの消化器症状 49%
(インフルエンザ感染に似ている症状なので注意が必要です。)
早期発症のショック症状 91%

常位胎盤早期剥離のような強い子宮収縮 73%

ベビーの死亡率 66%
お母さんの死亡率 58% と極めて高いです。

日本では、年間約50人の妊婦さんが亡くなっているのですが、そのうち1〜2人がこの劇症型GAS感染症が原因ではないかと考えられています。


季節的でいうと3, 4月頃が多く、また経産婦の感染が多く、妊娠31週から40週が特に多いようです。

 経産婦

経産婦

 

 

 

経産婦に劇症型GAS感染症が多いのは、上のお子さんから感染を受けやすいからかもしれません。

 

 

劇症型GAS感染症を予防するにはどうすればよいのでしょうか?

これといった有効な方法はありませんが、他の感染症の予防と同じように、うがいや手洗いや
マスク着用が勧められると考えられています。

特に経産婦では、上のお子さんの手洗い、うがいにも注意を払うことを勧めたいと思います。

 うがい

 

 


院長 今野 秀洋

(参考文献)
1. Yamada T, et al; Invasive group A streptococcal infection in pregnancy ; J Infection; 60 ; 417-24 ; 2010
2. 板倉 敦夫 ;【妊娠と感染症-外来で聞かれてどう説明する?】 GAS/GBS ; 産科と婦人科 ; 83 ; 9 ; 1010-1014 ; 2016

3. 冨士田 祥子ら ; 持続的血液濾過透析(CHDF)により母体を救命し得た劇症型A群溶連菌感染症(分娩型)の1例 ; 現代産婦人科 ; 65; 1 ; 51-56 ; 2016
4. 熊澤理紗 ; 妊娠中期に発症した重症敗血症の一例 ; 静岡産婦人科学会雑誌 ; 5 ; 1 ; 41-46 ; 2016
5. 楠目 晃子ら ; 臨床経過を振り返り劇症型A群溶連菌感染症分娩型の可能性が考えられた1例 ; 日本周産期・新生児医学会雑誌 ; 50 ; 3 ;1009-1014 ; 2014.
6. 村上 幸祐ら ; 妊娠中期に発症したA群レンサ球菌感染症の1例 ; 倉敷中央病院年報 ; 76 ; 121-124 ; 2014
7. 村上 幸祐ら ; 【CAUTION!臨床検査値の落とし穴】 (CASE 11)A群溶連菌(GAS)敗血症と流産 発熱と腹痛を初発とした妊婦(16週) ; 日本医事新報 ; 4692 ; 42-45 ; 2014

投稿者: 佐野産婦人科医院

2017.03.22更新

3月の離乳食おはなし会の様子です。

本日も満員御礼
ありがとうございます!

 離乳食おはなし会

 

今回は、前回までのアンケートを参考にさせていただき
試食の種類を一部変更するなど、バージョンアップしてご用意いたしました。


基本はご入院中のお食事とつながる考え方。

「今、食べるべきものは何か?何のために食べるのか??」

を考えた離乳食の進め方のご提案です。


ひととおり説明が終わり早速試食スタート!

献立内容は秘密です~nyan

見ているだけではなく、身を乗り出して食べたがる赤ちゃんも。
よくもぐもぐとお口を動かしている姿がなんともかわいかったです。
※赤ちゃんへの試食はおうちで開始されている方のみが対象です。基本的にはお母さまにお味見をお願いしています。

 赤ちゃん


「納豆はどうなんでしょうか」

「上の子が卵アレルギーなので、不安」

たくさんの疑問も全て解消されたようです。


今回、印象的だったことはお母さま方が味付けをしていない離乳食を試食されて「おいしい!」と仰ったこと。
嬉しいですね。
素材のおいしさを引き出すコツなどもお伝えできたかな?と思います。

皆様の素敵なスマイルで締めくくらせていただきます。

 スマイル

ご参加の皆様、ありがとうございました!

離乳期をぜひ、楽しんでくださいませ♪

管理栄養士 加藤さおり

投稿者: 佐野産婦人科医院

2017.03.04更新

今年のおひな祭りはワクワクするメニューにしました。
どんなところがワクワクかと申しますと・・・。



蓋を開けるまでお楽しみ♪





いよいよ、オープーン♪







春の素材をたくさん盛り込んだちらし寿司。
穴子は生の物をお取り寄せして煮穴子に。





春の苦みと甘みを感じられる、春野菜の天ぷら。


そして、忘れてはならないのは・・・





手作りの桜もち。
桜紅茶とお召し上がりいただきました。


こちらは関東風ですね。
道明寺粉を使用すると関西風になるそうです。


ご入院中に春を感じられるお食事をお楽しみいただきました☆


管理栄養士 加藤さおり

投稿者: 佐野産婦人科医院

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY