スタッフブログ

2017.09.18更新

知らぬ間に納骨堂建設に対するパブリックコメントを募集していました。

浦安市ホームページより

浦安市墓地等の経営の許可等に関する条例の一部改正について(骨子案)
http://www.city.urayasu.lg.jp/shisei/kocho/public/boshu/1020009.html

 

墓地又は納骨堂(以下「墓地等」という。)については、その公益性及び永続性並びに非営利性が求められており、地方公共団体もしくは、公益性の高い宗教法人に経営の許可を行っています。
墓地等は、市民生活において欠くことのできない公益的施設ですが、地域環境や土地利用に与える影響も十分考慮する必要があります。
このため、本市における墓地等の経営の許可において新たな条項を加え、法の趣旨である国民の宗教的感情、公衆衛生その他公共の福祉、周辺環境の調和を再度検証し、次に掲げる内容を追加します。

事前協議を行うことを追加
経営等の計画を示す標識の設置の追加
周辺住民等への説明及び協議の追加
指導及び助言・勧告・命令・公表の追加
市内宗教法人等の許可の基準の改正
経過措置
これらの内容を精査、見直すことで、需給バランスの確保、周辺環境との調和など公共の福祉を図るため条例の一部を改正するものです。

 

とのことです。

よくわかりにくいとは思いますが、この内容には大事な点が抜けています。

今回問題にしている「病院の横に、納骨堂建設を許可しないこと」に関する内容がありません。

何度でも書きますが、
厚労省作成の指針では、一般市民感情を考慮して、納骨堂等は病院と一定以上の距離が必要と例示されています。

実際、同じ千葉県でも他の(全部ではありませんが)市町村は条例により、病院から100メートル以内に寺や墓地もしくは納骨堂を建設できないようになっております。

5月10日に、浦安市医師会、歯科医師会、薬剤師会の会員の署名とともに市長あてに意見書を提出したにもかかわらずです。

みなさんどう思いますか?

 

それと現在、浦安市内では、未公表のものも含めて3件の新しい納骨堂建設が計画されております。

もしかしたらお家の近くでも建設計画が進んでいるかもしれません。

今の条例のままだと、事実上、浦安市内のどこでも納骨堂を建設することができます。当院だけではなく、皆様の生活に関わる問題となってきております。

 

 直接提出書面にまとめたものを、

環境保全課へ郵便ハガキまたは市長への手紙、封書で、
〒279-8501 浦安市役所環境保全課へ

ファクス047-381-7221

Eメールkankyouhozen@city.urayasu.lg.jp


http://www.city.urayasu.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/020/009/youshiki1.pdf

どの方法でも良いので送ってくださいとのことです。

期限は、平成29年10月5日(木曜日)までとなっております

 

提出された意見に個別の回答は行いません。
検討を終えたときは、意見の内容と意見に対する市の考えを、市ホームページなどで公表します、とのこと。

 

現在、皆さまからの意見を求めておりますので、おかしいなと思う方、ご意見がある方、是非ご意見を浦安市に送ってください。

ぜひとも、これからの浦安のことをよく考えて行動しましょう。

どうぞよろしくお願いいたします。

院長 今野 秀洋

投稿者: 佐野産婦人科医院

2017.09.12更新

皆様こんにちは。

少し肌寒くなり、少しずつ秋の訪れを感じてきておりますが、お身体の方は大丈夫でしょうか?

 

また、納骨堂の問題では皆様からの沢山の励まし、温かいお言葉を頂き、スタッフ一同とても感謝しております。

今回はとても残念な結果になってしまいましたが、移転はしても、今後とも皆様と共に寄り添って歩んで行くことが出来るよう努めてまいります。

(沢山の方々にご心配して頂いておりますが、佐野産婦人科が急に無くなるということはないのでご安心下さい)

 

 

さて、今回は妊娠中の自己管理『血圧』についてお話ししたいと思います。

妊娠中は急激にホルモンバランスが変化することにより、身体も様々な変調をきたします。

その一つに血圧の変動があげられます。

血圧は高いばかりではなく、低すぎてもいけません。

では、それぞれにはどんなリスクがあるのでしょうか?

 

低血圧

⚫︎めまい

⚫︎疲れやすい

⚫︎むくみやすい

⚫︎冷え性

 

高血圧

⚫︎胎児発育不全

⚫︎妊娠高血圧症候群

 これが重症化すると、子癇発作、脳出血、肝臓、腎臓の機能障害、常位胎盤早期剥離などのリスクが高くなり赤ちゃんも、お母さんも危険な状態に陥りやすくなります。

 

 

この様に血圧一つを取っても様々なリスクがあるのです。

そこで、普段から自分の身体に関心を持ち体調管理をしっかりしていきましょう。

では、どのくらいの血圧が良いのでしょうか?

 

妊娠中の血圧には「至適血圧」「正常値」「正常高値」「妊娠高血圧症候群」に分類されています。

 

「至適血圧」…90〜120/50〜80mmHg   妊娠中に一番望ましい血圧で病気を引き起こすリスクが低いが、あまり低くなると低血圧になるので注意

 

「正常値」…130/85mmHg未満  妊娠中の血圧の正常値

 

「正常高値」…140/90mmHg未満  妊娠高血圧症候群の一歩手前で注意が必要

 

「妊娠高血圧症候群」…140/90mmHg以上  妊娠20週以降、分娩後12週まで

 

妊娠中の血圧は、規則正しい生活を心掛け、体重管理、バランスの良い食事を摂るなどの自己管理をする事でかなり改善されてきます。

また、血圧の急激な変動は異常の早期発見にもつながりますので、自分の血圧を意識してみましょう。

当院でも血圧計の購入が出来るようになりました(*'U`*)  

いつでもお気軽にご相談ください。

 

それでは、まだまだ気温の変化が激しく体調を崩しやすい時期ですので、皆さまお身体ご自愛下さい。

 

皆さまのマタニティライフが健康的でステキなものになります様に…

 

                                                    佐野産婦人科医院  師長   大野美佐子

 

 

 

投稿者: 佐野産婦人科医院

2017.09.06更新

下記の日程で、当院南側壁面のタイル工事を実施いたします。

日程:9月19日~10月16日

作業時間:午前8:30~午後5:30

備考:南側壁面に沿って足場を組みます。

   それにより駐車スペース1台分と駐輪スペース5台分程度使用できなくなります。

   また、作業中は多少の有音作業となります。

 

大変ご迷惑をお掛けしますが、ご理解の程よろしくお願い致します。

 

                              佐野産婦人科医院

 

 

投稿者: 佐野産婦人科医院

TEL 047-352-5705 分娩・時間外緊急専用電話 047-303-3020
top_img14_1_sp.png
top_img14_2_sp.png
TOMORU助産院TOMORU助産院
院長ブログ院長ブログ
スタッフブログスタッフブログ
フェイスブックフェイスブック
浦安市長への意見書浦安市長への意見書
署名運動ご協力のお願い署名運動ご協力のお願い