スタッフブログ

2022.04.24更新

「妊娠中に髪を染めても大丈夫ですか?」

妊婦健診でよく聞かれる質問です。

 


妊娠中に染毛剤を使用した方と3歳児の子供のアレルギー性疾患を調査した日本の研究がありました。

 

 

2011年から2014年にエントリーした77303人の妊婦で調べています。
このうち何らかのアレルギー性疾患の既往のあった方が、48.2%を占めていました。

髪を染めた人は、美容院で染めたが50.0%、家で染めたが21.3%、美容師なので職場で染毛剤に曝露したが9.5%でした(全く染めていないがその残りなので、全体の22.2%だと思われます。)

 

一方、この研究での3歳児のアレルギー性疾患の割合は、
食物アレルギー6.3%、気管支喘息7.7%、アトピー性皮膚炎7.3%、アレルギー性鼻炎4.6%でした。

 

 

 

 

妊娠中の染毛剤の使用と3歳児の子供のアレルギー性疾患の関連を示すデータです。

 

hairdye

 


家で染めたお母さんとその3歳児の気管支喘息及びアレルギー性鼻炎とが少し関連があるようでした。
また、美容師さんとその3歳児の気管支喘息とが少し関連があるようでした。
しかしながら交絡因子で補正すると関連はありませんでした。

 

 

 

 

さらに髪を染める頻度と3歳児の子供のアレルギー性疾患の関連をも調べています。

 

hairdye2

 

 


家で染めるた場合、頻度が多いほど、3歳児アレルギー性鼻炎の頻度があがる傾向がわかりました。美容院で染めた場合や職場での曝露をするケースでは関連を認めることが出来ませんでした。

 

これは、家で染める場合は、「頭皮」と「手」からと触れる場所が増えるからだからではないかと考察してます(ただし、家で染める場合も手袋するのではないかとも述べています。)

 

 

また、そもそも3歳児のアレルギー性疾患はそれほど多くないので、年齢が上がるともっと頻度があがり、もっと関連性が指摘できるかもしれません。

いずれにしろ、妊娠中は髪を染める場合、「複数回にしない」、「手袋をして染める」方がよいと思います。

 

 

 


まとめると

 


妊娠中は髪を染めると、子供のアレルギー性疾患(特にアレルギー性鼻炎)と少し関連があるかもしれません。
妊娠中は髪を染める場合、「複数回にしない」、「手袋をして染める」方がよいと思います。

 

 

院長 今野 秀洋

(参考文献)

1. Reiji Kojima, et al.; Association between gestational hair dye use and allergies at 3 years old: the Japan environment and Children's study; Environ Res; 2021

 

 

 

投稿者: 佐野産婦人科医院

2022.04.01更新

妊婦健診の超音波検査では、赤ちゃんだけでなく、胎盤、臍帯、羊水についても観察しています。

その際、胎盤にくっきりと白く見える部分(石灰化)がみられことがあります。


胎盤石灰化

 

胎盤の石灰化の頻度は、報告によると3.8%〜23.7%と言われてます。

妊娠37週以降は39.4%という報告もあり、妊娠後期では少なくないです。
妊娠経過とともに現れてくる胎盤の変化ではないかと言われています。

 

 


一方、妊娠中期から胎盤の石灰化が顕著にみられるケースがあります。
調べてみると胎盤の石灰化と臨床経過をまとめた報告がいくつかありました。

 

 


(1) 喫煙と関係がありそう
妊娠26週から36週の期間、293人の妊婦さんを調べた研究があります。

そのうち69人(23.5%)の胎盤において超音波検査上、Grade III(0〜IIIまであり、IIIが高度)の胎盤の石灰化像を認めました。

胎盤の石灰化像ありの方と胎盤の石灰化像なしの方で比較調査すると、胎盤の石灰化像ありの妊婦さんのほうが、夫の喫煙の頻度が多い傾向がありました(p=0.005)。

 

 

 

また、臨床経過で比較してみると

①分娩週数が早くなる(36.2±2.5週 vs 37.1±2.52週 p=0.009)
②出生体重が小さくなる(2623.5±717.8g vs 2935.0±623.8g p=0.001)
③低出生体重児となる(34.8% vs 23.3% p=0.05)

という傾向がありました。

 

 

(2) 比較的早い週数の胎盤の石灰化は、臨床経過に注意が必要かもしれない
喫煙者やアルコール摂取した方を除き、高血圧や糖尿病や重度の貧血である方を除いた、妊娠経過中に問題のなかった776人を調べた研究があります。

 

Group1:妊娠28〜32週に、Grade IIIの胎盤の石灰化像を認めた。
Group2:妊娠32〜36週に、Grade IIIの胎盤の石灰化像を認めた。
Group3:妊娠36週までに、Grade IIIの胎盤の石灰化像を認めなかった。

上記の3つのグループにわけて比較検討しています。

 

calc1

  

 

胎盤の石灰化像がある方が、母子の分娩時や分娩後の問題を生じやすい傾向がわかりました。
妊娠中期から胎盤の石灰化像を認める方が問題を生じやすい傾向があります。

 

 

 

 

 

さらに、妊娠36週までにGrade IIIの胎盤の石灰化像を認めなかった群と比較して、妊娠中期に胎盤の石灰化像を認めると、母子の分娩時や分娩後の問題を生じやすい傾向がわかりました。
また、妊娠32週以降に胎盤の石灰化像を認めた群と妊娠36週までに石灰化像を認めなかった群はそれほど変わりはないようにもみえます。

 

calc2

 

 

 

 

 

 

 


まとめると
妊娠37週以降に重度の胎盤化石灰化を観察できても、特に問題にする必要はないと思います。
しかしながら、より早い時期に重度の胎盤化石灰化を認めた場合は、一つの警告徴候と受け取ったほうがよいかもしれません。


院長 今野 秀洋

 

 

 

(参考文献)
1. Chen KH,et al. : Exploring the relationship between preterm placental calcification and adverse maternal and fetal outcome: Ultrasound Obstet Gynecol: 37(3):328-34: 2011
2. Chen KH,et al. :The role of preterm placental calcification in high-risk pregnancy as a predictor of poor uteroplacental blood flow and adverse pregnancy outcome.: Ultrasound Med Biol: 38(6):1011-8: 2012
3. Ashraf Jamal, et al.: Is preterm placental calcification related to adverse maternal and foetal outcome?: J Obstet Gynaecol: 37(5):605-609: 2017
4. 竹内 久彌:胎盤老化の超音波画像診断:臨婦産:47(11):1276−1277:1993

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 佐野産婦人科医院

2021.10.02更新

10月1日より、妊婦さんにむけて、インフルエンザワクチン接種を開始しました。

 

 

妊娠中の方に、インフルエンザワクチンを勧める理由は?

すべての妊婦さんに対して、日本、米国におけるガイドラインでは、インフルエンザワクチン接種を推奨しております。


ではなぜ、妊娠中の方に、インフルエンザワクチンを勧めるのでしょうか?
これにはいくつかの理由があります。

 

 

お母さんにとってのメリット

過去の調査では、妊娠中にインフルエンザに感染すると重症化しやすいことがわかりました。
心肺機能が悪化し、入院する相対的リスクは、産後の方と比較して、多いと4.67倍高くなります。

 

flu1

 

 

 


表に示すように、出産に近づくにつれて相対的リスクは上がります。
これは、出産の準備として循環血液量が増加するため(妊娠末期で、妊娠していない時から約45%くらい増量します)、もともと心臓や肺に負担がかかった状態となり、それにインフルエンザ感染がさらなる負担になるかではないかと考えられます。

 

また、340人の妊婦を調査した別の調査では、インフルエンザワクチンを接種することにより、呼吸障害が36%も減少することがわかりました。

 

 

 

赤ちゃんにとってのメリット

生後6ヶ月未満の赤ちゃんにはインフルエンザワクチンを接種することができません。赤ちゃんが感染することを防ぐには、まずお母さんがかからないようにすることが大事です(これは一緒に住む家族も同じだと思います。)

また、妊娠中にインフルエンザワクチンを接種すると、お母さんの体に抗体が産生されますが、それが胎盤を通過して、胎児に移行することがわかっております。
つまり、妊娠中にインフルエンザワクチンを接種すると、生まれた赤ちゃんはインフルエンザにかかりにくくなると言えます。生後6ヶ月までに63%の感染を減らせるとのデータがあります。

 

flu2

 

 

 

 

 


別の調査でも赤ちゃんの血液中には、おおよそ移行抗体は半年くらいは存在することがわかっています。

 

 


以上より、特にワクチンに対するアレルギーがない妊娠中の方にはインフルエンザワクチンの接種をお勧めします。

 

 

 

推奨されるインフルエンザワクチンの接種の時期は?

インフルエンザワクチンによる、妊娠への影響はないと思われますので、妊娠している場合、すべての週数で接種ができます。

 

ワクチンの接種から抗体ができるまで約2週間くらいかかります。
約半年の効果期間はあります。

 

 

当院では妊婦さん向けに、防腐剤の入っていないワクチンを用意しております。

 

院長 今野 秀洋

 


(参考文献)
1. Madhi SA, et al. ;Influenza vaccination of pregnant women and protection of their infants.;N Engl J Med. ;2014; 4;371(10):918-31.
2. Zaman K,et al. ; Effectiveness of maternal influenza immunization in mothers and infants.;N Engl J Med. ;2008;9;359(15):1555-64.
3. Neuzil KM, et al.; Impact of influenza on acute cardiopulmonary hospitalizations in
pregnant women. ;1998 Dec 1;148(11):1094-102.
4. 二井 立恵ら;妊婦におけるインフルエンザワクチンの免疫原性・安全性;小児科;   
 2012;53;4;497-503
5. 二井 立恵ら;ワクチン歴による妊婦のインフルエンザ赤血球凝集抑制抗体の保有状況と児へ
の抗体移行に関する検討;小児科臨床;2010;63;11;2329-2336
6. 日本産婦人科学会 産婦人科診療ガイドラインー産科編

投稿者: 佐野産婦人科医院

2021.09.25更新


日本産婦人科学会のホームページにCOVID-19に感染した180人の報告がアップされていました。
その資料(https://www.jsog.or.jp/news/pdf/COVID-19_20210915b.pdf)を要約してみました。

 

 

 

(1)妊婦さんにおける重症度の割合

 

COVID割合


ちなみに重症度の分類は以下のようになっております。

「軽症」とは、呼吸器症状なしor咳なし・肺炎症状を認めない、spO2≧96%
「中等症 I」とは、呼吸困難・肺炎所見、93%<spO2<96%(呼吸不全なし)
「中等症 II」とは、酸素投与が必要、spO2≦93%
「重症」とは、ICUに入室or人工呼吸器が必要


入院が必要となる中等症以上は47人(26.1%)であり、つまり約4人に1人が入院を要する状況だったと思われます。
一方、軽症者が約7割で、そのうち有症状は116人(64.4%)でした。

 

 

 


(2)診断週数と重症度

 

 

COVID診断週数

 

 

妊娠初期から分娩時まで幅広く分布しておりますが、グラフから中期から後期が比較的多いような印象を受けます。

 

 

 

  

(3)年齢と重症度

 

 

  

COVID年齢

 

 

グラフからは、29歳以下では重症者はいないようです。

 

 

 


(4)中等症 II・重症のリスク

 

 

・母体年齢 31歳以上  1.26倍
・妊娠週数 25週以降  1.32倍
・BMI 26.3以上 1.23倍
・呼吸器疾患の既往   1.36倍
・アレルギー歴     1.33倍

 

上記に当てはまる方は少し注意が必要です。

 

 

 

(5)産科合併症

全体の早産率が23.5%、軽症・中等症 Iが12.5%、中等症 II・重症では57.1%(p<0.001)と
母体の状況悪化による人工早産の影響があるのか、早産が増えるようです。

また、重症化するにつれて妊娠糖尿病発症も高くなる(軽症・中等症 Iが1.6%、中等症 II・重症では14%(p=0.045)ことがわかりました。

 

 

 

 


(5)児に関する情報

 

 

新生児感染はないようです。
死産や新生児死亡もないようです。

 


まとめると
・重症化すると早産率が増加する
・31歳以降、妊娠25週以降、BMI26.3以上、喘息などの呼吸器疾患の既往、アレルギーの既往はCOVID-19重症化のリスクである。

 

院長 今野 秀洋

 

(参考資料)

日本産婦人科学会ホームページより;https://www.jsog.or.jp/news/pdf/COVID-19_20210915b.pdf

投稿者: 佐野産婦人科医院

2021.09.15更新

妊娠中、授乳中、妊娠を計画中の方は、新型コロナワクチン接種が推奨されております。

(厚労省ホームページよりhttps://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0027.html

 

 

 

妊娠中である16歳から54歳、35691人を調べた報告があります。

ファイザー社ワクチンを接種した方が19252人、モデルナ社ワクチンを接種した方が16439人の計35691人を調査しております。

 

 

各社ワクチンの副反応の頻度を表にしております。

 

vaccine

 

 

 

妊娠していない方と比較してみたところ、「注射部位痛」は頻度が少し多かったものの、「頭痛」、「筋肉痛」、「寒気」、「発熱」は発生頻度が少ない傾向がありました。

 

 

 

また、妊娠中の流早産や児への影響についても調べてあります。

 

outcome

 

 

予後も接種有無で変わらないようです。

 


まとめると

妊娠中の新型コロナワクチン接種による副反応は認めるものの、重篤化することはなさそうです。

また、児への影響もみられないのではないかと考えられます。

 

 

 

もう一つ妊娠中のワクチン効果について調べた報告もあります。

出産した2002人を調べています。

 

140人(7.0%)が妊娠中にワクチン接種を行い(中央値 妊娠32週(妊娠13週6日〜40週4日)、このうち73.6%が2回接種完遂できました。

また、212人(10.6%)が、妊娠中にCOVID-19に感染しておりました。

 

vaccine2

 

 


このうちワクチン接種した方のうち2人(2/140人、1.4%)が分娩までにCOVID-19に感染しました。

感染率で比較して、妊娠中のワクチン接種群 vs 非接種群=1.4% vs 11.3%(210/1862), p<0.0001)であり、つまりワクチン接種の方が感染率が低く、ワクチン接種に感染予防の効果があることがわかりました。

 

院長 今野 秀洋

(参考文献)
1. Shimabukuro TT, et al. : Preliminary Findings of mRNA Covid-19 Vaccine Safety in Pregnant Persons: N Engl J Med. 2021.
https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa2104983
2. RN Theiler, et al; Pregnancy and birth outcomes after SARS-CoV-2 vaccination in pregnancy: Am J Obstet Gynecol MFM. 2021

 

投稿者: 佐野産婦人科医院

2021.09.12更新

CDC(アメリカ疾病予防管理センター)からの報告です。


①5252人のCOVID-19に感染した妊婦さんとそのベビーをまとめた報告

母親の年齢 中央値 28.9歳(つまり若い女性です。)

4495人(99.3%)は生産となりました。

 

12.9%(506名)は早産となりました。


USAの早産率は10.2%なので、COVID-19に感染した場合の方が、少し早産率が上がっているように思われます。

 

 

週数別にわけると
34-36週で出生 357名(全体の9.1%)
32-33週で出生 50名(全体の1.3%)
28-31週で出生 69名(全体の1.8%)
28週未満で出生 30名(全体の0.8%)

ちなみに早産の頻度は、COVID-19に感染した母親が症状の有無とは関係がありませんでした。

つまり無症状だから早産しにくいわけでもありません。

 

 

残念ながら9名(0.2%)は、病院で新生児死亡となっております。

 

 

分娩前14日以内に感染した母親から生まれたベビーのうち、4.3%(328名中、14名)新生児にPCR陽性となっていました。
一方、PCR陽性から14日以上経過したベビーは、PCR陽性は0名でした。

 

 

 

 


②15歳から44歳のCOVID-19に感染した有症状である、23434人の妊婦さんと386028人の妊娠していない女性を比較した報告

 

 

 

coviddata

 


まとめると
妊娠すると、COVID-19に感染した場合、比較して少し重症化しやすいようです。
また、早産の頻度が少し増える可能性があります。


院長 今野 秀洋

 

 

(参考文献)
1. Woodworth KR, et al.: Birth and Infant Outcomes Following Laboratory-Confirmed SARS-CoV-2 Infection in Pregnancy — SET-NET, 16 Jurisdictions, March 29–October 14, 2020
2. Delahoy MJ, et al.: Update: Characteristics of Symptomatic Women of Reproductive Age with Laboratory-Confirmed SARS-CoV-2 Infection by Pregnancy Status — United States, January 22–October 3, 2020

 

 

投稿者: 佐野産婦人科医院

2021.08.26更新

先日、当院の帝王切開術の割合についてご質問がありました。


当院の緊急帝王切開率は8.8%となります。

 

現時点での今年の当院の緊急帝王切開率は8.8%です。

 

また前回帝王切開で分娩された、あるいは逆子など、予定帝王切開術となった方の割合は8.2%です。

 

 

ご参考にしてください。

院長 今野 秀洋

投稿者: 佐野産婦人科医院

2021.08.23更新

妊娠中は、新型コロナウィルスに感染しやすく、特に後期は重症化しやすいと言われています。

また、流産や早産が少し増えるという話もあります。


市川市では、妊娠中の方やその同居のご家族の方、障害者手帳をお持ちの方やその同居のご家族の方などの優先予約の申請を8月31日(火曜)まで受け付けています。


検討してしてください。

 

新型コロナウィルスワクチンについて
http://www.jsog.or.jp/news/pdf/20210814_COVID19_02.pdf

市川市 新型コロナワクチン接種について
https://www.city.ichikawa.lg.jp/pub10/vaccine.html

 

 

投稿者: 佐野産婦人科医院

2021.08.23更新

本日、日本産婦人科学会から妊娠中に新型コロナウイルス感染され、自宅や宿泊療養されている方へ情報発信されております。

 


以下のような妊娠に関連した異常については、かかりつけの産婦人科の先生に連絡してください。

 

・性器出血、破水感、頻回の子宮収縮、胎動減少、強い腹痛など
・その他、助産師さん等からの妊婦健診時に言われた症状

 

 


新型コロナウイルス感染症の症状について まず、以下の健康観察を行ってください。
(おそらく保健所から同じ情報が得られると思います。)

 

①呼吸状態、心拍数や呼吸数の計測
②体温
③パルスオキシメーター(サチュレーションモニター)をお持ちの場合は、酸素飽和度(血液内の酸素の量:SpO2)の計測

 

(A)以下の場合には、かかりつけの産婦人科の先生もしくは保健所に連絡してください。

①1時間に2回以上の息苦しさを感じる時
②トイレに行くときなどに息苦しさを感じるようになった時
③心拍数が1分間に 110 回以上、もしくは呼吸数が 1 分間に 20 回以上
④安静にしていても酸素飽和度が 93-94%から1時間以内に回復しない時 (妊娠中は赤ちゃんのために 95%以上の酸素飽和度が必要です)

 

(B)以下の場合は、すぐに救急車を要請してください。

①息苦しくなり、短い文章の発声も出来なくなった時
②酸素飽和度(SpO2)が 92%以下になった時

 

日本産婦人科学会 http://www.jsog.or.jp/news/pdf/COVID19_20210823.pdf

 

投稿者: 佐野産婦人科医院

2021.03.15更新

本日たまごクラブが発売になりました。

 

tamagokulabu20214

 

https://www.amazon.co.jp/%E3%81%9F%E3%81%BE%E3%81%94%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%96-2021%E5%B9%B44%E6%9C%88%E5%8F%B7/dp/B08DDYVVHH/ref=sr_1_3?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&crid=1KQK10KRTQOUQ&dchild=1&keywords=%E3%81%9F%E3%81%BE%E3%81%94%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%96&qid=1615802373&sprefix=%E3%81%9F%E3%81%BE%E3%81%94%2Caps%2C275&sr=8-3

 

「さかごになったらどうする」というテーマの記事作成のお手伝いさせていただきました。

 

 

是非ご覧になってください。

院長 今野 秀洋

投稿者: 佐野産婦人科医院

前へ

SEARCH

CATEGORY