スタッフブログ

2017.08.26更新

暑い季節は、食中毒が多くなります。

食中毒を起こす原因となる細菌の一つに、リステリア菌があります。
我が国におけるリステリア感染の発症件数は一年間で83件、人口100万人当たり発症頻度は0.65と報告されており、比較的稀でありますが、妊娠中は非妊娠時と比較して約17倍感染しやすいと言われており、注意が必要です。

リステリア感染症とは
リステリア菌は、土壌、河川、動物の腸管内などの自然界に広く分布しており、私たちがリステリアに汚染した食品を摂取することにより発症します。
経口的に侵入した菌は、腸管から全身に広がり、脳や骨髄に重篤な症状を引き起こします。


高塩濃度下でも(10%食塩加ブイヨンでも増殖できる)、-1.5℃〜45℃(つまり低温度環境下でも)で増殖が可能です。
つまり、塩漬けでも、冷蔵庫での管理でもダメということです。

かつては、生の輸入食材などが感染源とされていましたが、国内でも自家製ナチュラルチーズの汚染を原因とした38人のリステリア集団感染が発症しております。

ただし、70℃以上の温度で死滅するため、加熱殺菌が可能です。

上記の特徴から、リステリア菌は加熱を必要としない、いわゆるRead-to-eat食品やチーズなどの乳製品からの感染が問題になります。

 

ソーセージ

 ソーセージ

 

ハム

ハム

サラダ

サラダ

 

妊娠中感染するとどうなるの?

妊娠中の場合、発症までの潜伏期間は平均27.5日(潜伏期間は17〜67日)であり、リステリア菌が腸管から侵入した後、脳や血液に移行します。
リステリア感染が中枢神経系にみられる場合には、潜伏期は平均9日(1〜14日)、菌血症の場合は平均2日(1〜12日)、発熱を伴う胃腸炎の場合は、平均24時間(6〜10日)で発症すると言われています。

リステリアデータ

 最も問題なのは、「胎内感染」です。

つまり妊婦さんがリステリアに感染すると、胎盤を通過して赤ちゃんへの感染することがあります。
妊娠中のリステリアに感染した222例を集めた報告によると、20%に流産もしくは子宮内胎児死亡がありました。これは、感染した週数が早いほど予後が不良でした。

また、生存し分娩に至った児のうち68%に新生児リステリア感染症が認められました。
新生児感染は肺炎、敗血症、髄膜炎が主であり、治療したにもかかわらず24%が死亡、12%に神経学的後遺症を認めました。

リステリア感染症になった場合どうすればいいの?

感染が判明した場合、抗生剤を開始します。
しかしながら大事な事は、予防だと思います。
なるべく感染する可能性のある食品を避けるようにしましょう。

①生もの、加工済みの食品は、加熱する。
②生野菜はよく洗う。
③無殺菌の牛乳は避ける。
④チーズを選ぶ場合、ソフトタイプは避け、ハードタイプのものを摂取する。

まとめ
リステリア感染症というものは、あまり認識が高くないと思われますが、妊娠中に感染すると、ご自身だけではなく、お腹の中の赤ちゃんにも影響が出ることがありますので、注意が必要です。

院長 今野 秀洋


(参考文献)
1. 河村 伊久雄;【食の安全と微生物汚染】 リステリアによる食中毒の世界的動向と病原性;化学療法の領域 ;32巻4号 ;610-616;2016
2. 園田 正樹ら;妊娠21週で流産に至ったリステリア感染症合併妊娠の一例;関東連合産科婦人科学会誌 ;52巻4号;617-622;2015
3. 小野木 さちえら;リステリア菌による子宮内感染をきたし子宮内胎児死亡に至った1例;東京産科婦人科学会会誌;64巻2号;190-194;2015
4. 手島 映子ら;新生児死亡の転帰をたどった侵襲性妊婦リステリア感染症の1例;日本周産期・新生児医学会雑誌;51巻2号;643;2015
5. 河村 伊久雄;【人獣共通感染症の動向と対策】 細菌 リステリア症;臨床と微生物 ;42巻1号;015-020;2015
6. 松岡 隆ら;【周産期感染症2014】 産科からみた周産期感染症 妊婦のリステイラ感染症;周産期医学;44巻増刊;107-110;2014
7. 竹内 沢子ら【性感染症と母子感染-最新の診断と管理】 母子感染 最新の管理法 リステリア;臨床婦人科産科;67巻1号;123-127;2013
8. 竹田 善治ら;【妊婦の感染症】 妊婦の感染 胎児への影響と対策 リステリア;臨床婦人科産科;62巻6号;834-837;2008
9. 竹田 善治ら;【母子感染-最新の管理指針を考える】 細菌などの母子感染とその管理 リステリア症;臨床婦人科産科;54巻11号;1310-1312;2000
10. 佐藤絢子ら;妊娠中に無菌性髄膜脳炎を発症した一例;仙台市立病院医誌;33;21-24;2013
11. Silk ,et al;Invasive listeriosis in the Foodborne Diseases Active Surveillance Network (FoodNet), 2004-2009: further targeted prevention needed for higher-risk groups.;Clin Infect Dis;54 Suppl 5;S396-404;2012
12. Eleftherios M, et al : Listeriosis During Pregnancy, A Case Sereies and Review of 222 Cases. ;Medicine; 81 :260-269;2002
13. Janakiraman V;Listeriosis in pregnancy: diagnosis, treatment, and prevention.;Rev Obstet Gynecol.;1(4);179-85;2008
14. https://www.cdc.gov/listeria/risk-groups/pregnant-women.html
15. https://www.cdc.gov/features/prenatalinfections/index.html

投稿者: 佐野産婦人科医院

TEL 047-352-5705 分娩・時間外緊急専用電話 047-303-3020
top_img14_1_sp.png
top_img14_2_sp.png
TOMORU助産院TOMORU助産院
院長ブログ院長ブログ
スタッフブログスタッフブログ
フェイスブックフェイスブック
浦安市長への意見書浦安市長への意見書
署名運動ご協力のお願い署名運動ご協力のお願い