スタッフブログ

2015.12.17更新

生理痛が辛くて日常生活で困っている人、多いと思います。




月経困難症治療目的に低用量ピル(LEP)を用いて治療することがあります。
LEP製剤は、現在3種類ありましたが、この度「フリウェル配合錠LD」が発売となりました。

「フリウェル配合錠LD」は、以前からある「ルナベルLD」の後発医薬品です。


当院でも処方できるようになりましたので、外来でご相談してください。

院長 今野 秀洋

投稿者: 佐野産婦人科医院