スタッフブログ

2014.05.17更新

今回紹介する本は、少しショッキングな内容です。
シモーナ・スパラコ著「誰も知らないわたしたちのこと」。
誰も知らないわたしたちのこと

ようやく妊娠したのに出生前診断によって、赤ちゃんに重度の障碍(しょうがい)を持つことがわかりました。出産しても長く生きられない可能性もあります。
主人公は、他国イギリスに渡ってまで人工妊娠中絶術を行いました。
そしてそのことに大変な苦悩をします。

ドキュメンタリーではないようですが、著者も障碍を持つ子を中絶でなくしているとのこと。


人工妊娠中絶を推奨しているわけではありませんが、あの子を生まなかったから今があるのかもしれないし、あの子を生んでいたら今がないのかもしれません。

一方、「生命は交換可能なものではないもの」です。

どちらにしても大変な選択だと思いますが、人はそれを乗り越え、進んでいくしかないのかもしれません。

「親と子」とは何なのか。改めて考えることができました。

確かにショッキングな内容ですが、読む価値のある本だと思います。

副院長 今野 秀洋

投稿者: 佐野産婦人科医院

2014.05.10更新

日本子ども家庭総合研究所で、「東日本大震災被害児童・避難児童に対する支援の総合的研究」の一環として作成した『乳幼児と保護者、妊産婦のための防災ハンドブック』というものがあるそうです。


簡単な内容ですので、まさかの自体に備えて、一度目を通しておいてもよいと思います。

副院長 今野 秀洋

投稿者: 佐野産婦人科医院

TEL 047-352-5705 分娩・時間外緊急専用電話 047-303-3020
top_img14_1_sp.png
top_img14_2_sp.png
TOMORU助産院TOMORU助産院
院長ブログ院長ブログ
スタッフブログスタッフブログ
フェイスブックフェイスブック
浦安市長への意見書浦安市長への意見書
署名運動ご協力のお願い署名運動ご協力のお願い