TOP > 医院紹介

ごあいさつ

「わかりやすい説明」と「気軽に質問していただける雰囲気作り」がモットーです。

当院が浦安のこの地で開業したのは、昭和51年。
以来41年間、主に浦安や市川の患者さまたちの「妊娠期の安心」と、「お産の安全」をサポートしてきました。
当院には「お友だちからよかったと聞いて来ました」という、いわば口コミで来院される患者さまが非常に多く、最近では東京(葛西など)の方も来られます。
これまでに当院で産声を上げた赤ちゃんの数は、1万人以上にのぼります。

少子化が叫ばれる日本の中でも、浦安市や、すぐ隣の市川市は、今もお子さまが非常に多い地域です。
当院にも3人目、4人目を出産されるママが大勢いらっしゃいます。
ここ数年は「私もここで生まれました」という患者さまが、当院でご自身のお子さんを出産されるケースが増えてきました。
「2代目・佐野ベビー」が続々と誕生していることは、私たちにとって大きな喜びです。
実は当院の医師の1人である葉子医師も、開業後ここで2番目に生まれた赤ちゃんでした。
そして現在、当院で出産した2人の子どもたちを育てつつ、日々の診療にあたっています。

愛する人との間に授かった赤ちゃん。
その命を大切に育み、思い出に残る「いいお産」をしたいというのは、すべての患者さまの願いではないでしょうか。
そのために、身体も心もほっとくつろげるような「あたたかい安心感」を持って妊娠期を過ごすことは、とても大切なことです。

当院の医師とスタッフ一同は、「わかりやすい説明」、「気軽に質問していただける雰囲気作り」をモットーに、家族のようなぬくもりを大切にしながら、患者さまと赤ちゃんの健康状態をきめ細かくフォローしています。
そして、ともに「いいお産」へと向かっていけるよう、全員が一丸となってサポートしています。

当院の特徴

専任の医師が3人。「家族」で診療にあたっています

大きな病院には、大きな病院だからこその安心感があるものです。
そして当院のような規模の産院にも、この規模ならではの良さがあります。
「佐野産婦人科医院はアットホームでいいですね」、「まるで家族のような雰囲気ですね」などと、よくお褒めいただきます。
それもそのはず、名誉院長を含む3人の常勤医師は、文字通り「家族」なのです。

41年前に当院を開業した佐野慎一名誉院長。その娘の葉子医師。そして葉子医師の夫の今野秀洋院長。
気心が通い、意思疎通のスムーズな4人が中心となって多くの患者さまを診ているところに、当院の大きな特徴があります。
もちろんそれだけではありません。
外来診療にご協力いただいている先生方や、看護師、助産師、ヘルパーのスタッフたちは、みな当院とのつながりが深いベテランばかりです。
医療面でも精神面でもしっかり連携のとれたメンバーが診療にあたっていることが、当院の「安全・安心なお産」につながっているのです。

アットホームな規模の割に「医師の数が多い」ということも、当院の特徴でしょう。
午前中は毎日3人の医師が外来診療にあたっているので、患者さまを長く待たせることはありません。
妊娠やお産には緊急事態も起こり得ますが、どんな時間でも、少なくとも3人の医師が当院にいるので安心です。

できるだけ「自然なお産」を心がけています

お産には「帝王切開」「経膣分娩」があります。
最近は「自然なお産」への関心が高まっており、「できれば経膣分娩で産みたい」という方が多くなっています。

ところが日本のお産を全体的に見ると、帝王切開率が高まる傾向にあります。
これは逆子の経膣分娩があまり行われなくなったことと関係があり、大きな病院になると帝王切開率は30%以上にもなります。また、初産が帝王切開だった方には、第二子の出産も帝王切開で行う病院がほとんどのようです。

当院のお産の帝王切開率は、現在およそ8%です。
この低い数字には、逆子を正常な位置に直す「外回転術」を熱心に行っていることや、前回のお産で帝王切開だった患者さまにも、条件付きながらも経膣分娩にトライしていただいていることの影響が大きいと思います。

また、予定日を大幅に過ぎても、当院ではすぐに帝王切開はいたしません。
状況をよく見ながら、できるだけ自然な分娩をしていただけるよう努めています。

経験豊富な看護師、助産師ばかりです

当院の看護師、助産師には、経験豊富なベテランがそろっています。
勤務歴が長いスタッフが多いので、第二子を妊娠して再び来られた患者さまは、前と同じ顔ぶれを見てほっと安心なさるようです。
またスタッフ全員が、同じ事態に対しては同じ対応、同じケアをするよう心がけています。
このことも医院全体を包む安心感につながっているのでしょう。

看護師、助産師のほとんどに、出産・子育ての経験があるというのも大きな特徴です。
中には3人、4人と育ててきたスタッフもいます。
患者さまがこれから直面する妊娠、出産、子育てについて、スタッフたちが実体験にもとづいてアドバイスできるのは、当院の魅力の1つといえるでしょう。
お産を控えた患者さまは、何かと不安になりやすいもの。
そんなときスタッフたちに「大丈夫。私も同じでしたよ」、「そんなこと、何でもないわよ」などと声をかけられ、笑顔になってお帰りになる患者さまの姿が、当院ではよく見られます。

「いつでも相談できる」という雰囲気作りを心がけています

ひと昔前までの日本では、多くの家族や親戚が、みな同じ屋根の下や近所に住んでいました。
その中には妊娠、出産について教えてくれる人も、必ず1人や2人いたものです。しかし最近は核家族化が進み、身近に相談できる出産・育児の経験者は誰もいない、そもそも小さな子どもを抱っこしたことさえない、という患者さまが、当院にもますます増えています。

妊娠中はただでさえ、妊娠という初めての経験や身体の変化に戸惑いがちです。
つわりやお腹の張りに苦しむ日もあれば、出血があって心配になる日もあります。
産後は産後で、赤ちゃんのしゃっくりが止まらない、泣いてばかりいるなど、慣れない育児に右往左往するものです。

当院ではそんな患者さまたちが「いつでも、何でも相談できる」体制作りを全員で心がけています。
これは開業以来変わらない、院長の方針です。

大きな病院だと「こんなことで電話してもいいのかしら」とためらわれるもの。
しかし当院は「どんな小さなことでも、ご心配なら、お電話もしくはご来院ください」とご案内していますので、患者さまはみなちょっとしたことでもお気軽にご相談くださいます。
たとえ実際に電話しなくても、「いつでも相談してねと言ってくれる人たちがいる」ということが、患者さまたちの大きな安心につながっていると信じています。

母乳哺育を勧めています

当院では「母乳哺育」、つまり自分のおっぱいで赤ちゃんを育てることを、積極的に勧めています。
そのため、母乳の指導は妊娠初期から行っています。妊娠中期、後期にも助産師による「乳房チェック」を行い、母乳哺育をスムーズに始められるようサポートしています。

当院で出産されて1カ月後に、赤ちゃんを母乳で育てている方は9割以上にのぼります。
最近は、お仕事をお持ちの方も多いので、人工乳でのほ乳を考えていらっしゃる方への対応もしております。
免疫物質が豊富に含まれた「初乳」を赤ちゃんに飲ませることは、非常に大切なこと。
当院ではほぼすべての患者さまが、それを実践しています。

大病院と密に連携しています

ご自身や赤ちゃんの健康状態に問題が出てきた患者さま、ハイリスクなお産になりそうな患者さまは、連携している順天堂大学浦安病院にご紹介しています。

当院では対応不可能な緊急手術などの必要が生じた場合も、同病院に救急搬送しています。
当院から順天堂大学浦安病院までは、救急車なら5分、普通車でも10~15分あれば着く距離です。
当院と順天堂大学浦安病院は、診療の基本的な方針や考え方も共有しています。院長はじめ常勤の医師4人はみな順天堂の医局にいた経験がありますし、今野医師は現在も週に1度、カンファレンスに参加しています。

また、産婦人科教授で病院長でもある吉田幸洋先生をはじめ、複数の先生方が、定期的に当院の外来診療を担当しております。

アクセス

東京メトロ東西線浦安駅から徒歩2分
〒279-0001 千葉県浦安市当代島1-3-22
TEL 047-352-5705 FAX 047-352-5776
分娩・時間外緊急専用電話 047-303-3020

診療時間

診療時間
9:00~12:00
15:00~17:00

※☆……産後1カ月健診 14:00~16:00
    日曜、祝日、土曜午後は休診です

佐野産婦人科医院 047-352-5705

産科診療メニュー

  • 妊婦検診
  • 産科手術
  • 羊水検査
  • 乳児診察
  • 胎児スクリーニング検査、4D超音波検査

婦人科診療メニュー

  • 婦人科子宮がん検診
  • 不妊外来
  • その他
アクセス


大きな地図で見る住所
〒279-0001
千葉県浦安市当代島1-3-22

詳しくはこちら
モバイルサイト