医院紹介

愛する人との間に授かった赤ちゃんを、安心して迎えるために。

お腹に宿った赤ちゃんの命を大切に育み、素晴らしい思い出として残る「いいお産」をしたいというのは、すべての妊婦さんの願いです。そのためには、「あたたかい安心感」に包まれて妊娠期を過ごすことがとても大事だと当院では考えています。患者さまにとって、実家のように頼りになり、安心できる場所になるよう、当院はさまざまな配慮を行っています。

当院の特徴

産婦人科として40年以上の歴史を重ね、1万人を超える赤ちゃんが誕生しています

浦安のこの地に当院が開院したのは1976(昭和51)年。これまで1万人以上の赤ちゃんが産声を上げ、最近では当院で産まれた妊婦さんの出産も増えてきています。
浦安市をはじめ、周辺の市川市やお隣の葛西などは、少子化のこの時代にもお子さまがとても多い地域です。当院では、安心して2人目、3人目を妊娠・出産していただけるよう、妊娠中や出産時だけでなく、産後のサポートにも力を入れています。
おかげさまで、当院には3人目、4人目の出産をされるお母さんがたくさんいらっしゃいます。

家族のようにあたたかくお迎えしています

当院を開業した現名誉院長の佐野慎一、その娘の葉子、葉子の夫で院長の今野秀洋と、当院の産婦人科専門医3名は、実際の家族です。そして、看護師や助産師、ヘルパーといったスタッフはほとんどが当院に長く勤務しているベテランであり、出産と子育ての経験を持っています。
また、外来で協力いただいている先生方もお付き合いの長い方ばかり。アットホームな雰囲気から、「家族みたいで話しやすい」と患者さまによく言っていただきます。
また、気心が知れているため意思疎通がスムーズですから、同じ事態に対しては同じ対応、同じケアを行うことで、よりご安心いただけるようにしています。

大きな喜びだから深いお悩みを解消してさしあげたい

当院の葉子医師は開院してすぐに当院で生まれたこともあり、この病院に対する思い入れも強いです。で2番目に産まれた赤ちゃんであり、自らも2人の子どもをここで産み、この地域で子育てをしています。
妊娠・出産・育児には大きな喜びがあるからこそ、悩みも深いものです。「産婦人科専門医である私でも、こんなに悩んで大変な思いをするのだから、患者さまはもっとご苦労されているのでは」という視点から、当院では妊娠・出産・産後に起こるご不便やご苦労にきめ細かく対応し、解消してさしあげたいと考えています。

できるだけ自然なお産を心がけています

当院では、できるだけ自然なお産を心がけており、帝王切開率は、現在およそ10%とかなり低くなっています。逆子の場合や前回のお産で帝王切開だった患者さま、予定日を大幅に過ぎている際にも、すぐに帝王切開をせず状況をよく見ながら、経膣分娩にトライしていただいています。

母乳哺育を積極的にすすめています

当院では「母乳哺育」、つまり自分のおっぱいで赤ちゃんを育てることを積極的にすすめており、免疫物質が豊富に含まれた「初乳」を赤ちゃんに飲ませることを特に重要視しています。
そのため、母乳の指導を妊娠初期から行い、妊娠中期、後期には助産師による「乳房チェック」を行って、母乳哺育をスムーズに始められるようにしています。もちろん、お仕事をお持ちの方などに、人工乳での哺乳もきめ細かくご指導しています。

入院中だけでなく、退院後1ヶ月も24時間、いつでもご相談いただけます

出産の際の入院中、ナースステーションは24時間体制ですので、いつでも相談していただけます。
また、退院後は数時間おきの授乳をはじめとした赤ちゃんのお世話で本当に大変な時期です。退院1週間後の助産師外来で、じっくり育児相談をお受けいただけるようにしていますが、それ以外の時も退院後1ヶ月はご不安がありましたら24時間、いつでもご相談いただけます。赤ちゃんのいる日常に慣れるまで、当院を実家のように頼ってきてください。
さらに、当院では産後半年までの期間に受けられるデイケアサービスを行っており、赤ちゃんをお預かりしている間にお1人でゆっくり入浴したり、リフレやヨガ教室などを受けたりしていただけるプログラムもご用意しています。

「いい素材」「おいしい」は当たり前、その先を目指しています

当院では、「いい素材」を使った「おいしい」食事を当たり前だと考え、その先を考えたメニューづくりを目指し、栄養士と調理師がタッグを組んで、お母さまの健康と赤ちゃんの健やかな成長に役立つメニューを提供しています。
また、妊娠中や妊活中の栄養相談にもきめ細かくお伝えしています。 さらに、栄養士による離乳食レシピのご紹介や教室なども行っており、妊活から出産後まで幅広く食をサポートしています。

順天堂大学浦安病院と緊密に連携しています

妊娠中や出産時には緊急事態が起こることもあり得ます。そのため、当院では高度医療機関である順天堂大学浦安病院と緊密に連携した診療を行っています。診療の基本的な方針や考え方が同じですので、緊急事態があってもスムーズに治療の移行が可能です。
院長はじめ常勤の医師は全員が順天堂の医局にいた経験があり、順天堂大学浦安病院産婦人科、複数の先生方が、定期的に当院の外来診療を担当しています。
また、木曜日には順天堂大学浦安病院の小児科医による乳児健診も行っており、ご安心いただけます。

診療時間・アクセス

 
9:00~12:00 ×
15:00~17:00 × ×

※▲……産後一ヶ月健診 14:00~16:00
日曜、祝日、土曜午後は休診です

住所 〒279-0001
千葉県浦安市当代島1-3-22
電話 TEL 047-352-5705
FAX 047-352-5776
分娩・時間外緊急専用電話 047-303-3020
最寄り駅 東京メトロ東西線浦安駅から徒歩2分

医師・スタッフ紹介

院長紹介

名誉院長の「産婦人科医は、患者さまに『おめでとうございます』と言える職業」という言葉に、この職業を選んだ喜びと誇らしさを改めて感じました。また、診療を通じてお母さまと赤ちゃんの健康を守ることは、明るい未来に貢献することでもあります。産婦人科医が担うこうした大きな責任を常に念頭に置き、安心できる医療を提供することを心がけています。
よりよい妊娠と出産のために、産婦人科医ができることは本当にたくさんあります。医療の発展は目覚ましく、産婦人科領域でもあらかじめ知っておくことでお母さまの健康や赤ちゃんの健やかさに役立つ情報が次々にわかってきています。こうした情報を日常に取り入れやすい形でしっかりお伝えしていくことも私たちの重要な役割だと考えています。
また、安心して出産するためには、出産後のサポートも重要です。
出産後にご不安があれば、安心して出産することはできません。仕事を続けながら妊娠・出産・子育てをするお母さまも増えてきている現在、産後のサポートには質ときめ細やかさが求められていると感じています。
妊活から、妊娠、出産、産後まで、安心して赤ちゃんを産めるトータルな環境を整え、この地域がいつまでも子どもたちの明るい笑顔にあふれた街で居続けるためのお手伝いができればと考えています。

今野 秀洋 院長

1997年 順天堂大学医学部卒業
2000年 順天堂大学胸部外科教室入局
2007年 順天堂大学産婦人科教室入局
2007年 順天堂大学浦安病院産婦人科勤務
2011年 国立成育医療センター周産期センター勤務
2015年 当院院長就任
「医学博士」「産婦人科専門医」

副院長紹介

私も開院後すぐにこの病院で産まれ、2006(平成19)年4月に長女、2011(平成23)年5月には次女をこの病院で出産しました。妊娠による身体や心の変化を体験し、産後は子どもの成長に大きな喜びを感じる反面、深い悩みや苦しさもしばしば味わいました。
そんな時に私を救ってくれたのは、同じような立場の方の共感や、ちょっとした心遣いでした。浦安や市川というこの地域はお子さんがたくさんいらっしゃる方が多く、2人の子育てに毎日奮闘している私は勇気づけられることばかりです。支えてくださっているこの地域の方に少しでもご恩返しがしたい。その想いから、当院では妊娠・出産・産後という大変な時期をできるかぎり快適に、そして少しでもご不安なくお過ごしいただけるよう、できることはすべてやっていきたいと考えています。
妊娠中はご不安なことが多いものですし、これから迎える出産について心配なこともいろいろあると思います。産婦人科専門医にもかかわらず、さまざまな不安を感じていた自分の経験から、どんなお悩みやご不安にも共感し、それを少しでもなくしてさしあげたいと考えています。なにより、この地域で出産・子育てされる方は私の大切な仲間です。
一緒に楽しく育てていきましょう。

佐野 葉子 副院長

2000年 東海大学医学部卒業
2000年 順天堂大学産婦人科教室入局
2006年 産婦人科専門医取得
「産婦人科専門医」

名誉院長紹介

私がこの地に当院を開業したのは、今から40年前です。最近は、「ここで産まれたんですよ」という患者さまが増えてきて、それが私の大きなエネルギー源になっています。
ひと昔前の日本は、大家族で相談できる相手がいつも近くにいました。しかし、最近は核家族化が進み、身近に相談できる相手がいないことがほとんどですし、妊娠したものの小さな子どもを抱っこした経験がない方も増えています。
妊娠中はつわりに苦しむこともあれば、お腹の張りや出血があって心配になる日もあります。産後も、赤ちゃんのしゃっくりや泣き方など、後からほほえましく思い出せるようなことも不安で仕方なく感じることがあると思います。「こんなことで電話していいの?」と思うことでも気兼ねなく、いつでも相談できることは、患者さまにとって大きな安心につながります。
そしてお母さまが安心して過ごせることは、赤ちゃんにも当然、いい影響を与えます。そこで、当院では開業当初から変わらず、「心配なことがあったら、いつでも、どんな些細なことでもお電話、もしくはご来院ください」と患者さまにご案内しています。安心していらしてください。

佐野 慎一 名誉院長

1965年 順天堂大学医学部卒業
1972年 医学博士の学位取得
公立葛南病院(現 東京ベイ・浦安市川医療センター)において産婦人科医長として勤務
1976年 現在地にて産婦人科開業
1993年 医院を改装、設備を一新
「医学博士」「産婦人科専門医」

助産師/看護師

長く勤務しているスタッフが多く、ほとんどが出産・育児経験があり、ちょっと気になることなど、なんでも気軽にご相談いただけます。

受付/事務

実家や親戚の家に来たような気安さでお話いただけるよう、あたたかく患者さまをお迎えし、ご案内しています。

専属シェフ/栄養士

「いい素材」を使った「おいしい」食事とデザートは、「赤ちゃんのよりよい成長」などその先を見据えたメニュー構成になっています。
妊活中や妊娠のごく初期に重要な役割を果たす栄養素をたっぷり含んだレシピから離乳食レシピまで、お母さまと赤ちゃんのためのトータルな栄養相談も行っています。

清掃スタッフ

万が一の感染を防ぐため、徹底的な清掃を行っています。
上のお子さまをお連れの場合も多いため、幼いお子さまが触れる可能性のある部分も見落としなく清潔を保てるようにしています。

院内ツアー

受付と待合室

いつでもおいでいただけるよう、休み時間にも受付にスタッフが常駐しています。常勤医師が3名おり、あまり長くお待たせすることはほとんどありませんが、ゆったりしたスペースの待合室をご用意しました。
上のお子さまをお連れの際には、キッズスペースをご利用ください。

診察室と、陣痛室、分娩室

3つの診察室があり、最新の超音波検査機器も2台導入しています。陣痛室ではご家族とお過ごしいただけますし、分娩室での立ち合い分娩も可能です。

ナースステーション、新生児室、病室、食堂

ナースステーションは24時間、いつでもご相談いただけるよう開放的なつくりになっています。向かいには新生児室があり、ゆっくりお休みいただく間、お預かりしています。
病室は個室、多数部屋があり、食堂ではおいしいと評判の食事とデザートが楽しめます。なお、お部屋で食事していただくことも可能です。

受付と待合室

 

副院長、名誉院長、院長

 

キッズルーム

診察室

 

新生児室

 

個室

TEL 047-352-5705 分娩・時間外緊急専用電話 047-303-3020
top_img14_1_sp.png
top_img14_2_sp.png
TOMORU助産院TOMORU助産院
院長ブログ院長ブログ
スタッフブログスタッフブログ
フェイスブックフェイスブック
浦安市長への意見書浦安市長への意見書
署名運動ご協力のお願い署名運動ご協力のお願い