スタッフブログ

2014.02.27更新

魚介類は、低脂肪、高蛋白でありまたたくさんの栄養を含む、非常に素晴らしい食物です。
また、DHAなどのomega-3脂肪酸を多く含みます。これは早期の脳の発達に関わっていると言われており、これは体内では作ることができません。
DHAが一番多く取り込まれる時期は、妊娠後期から2歳時です。

この時期に魚介類を摂取することは、胎児にとってもよいことではないかと考えられます。


魚介類摂取と子供の精神発達について

いくつかの報告があります。

①2007 Lancetによると、UKで11875人の妊婦を対象とし、その生まれた6ヶ月〜8歳の子供について調査を行っております。
340g/週以上の魚介類を摂取していたお母さんから生まれた子の方が、IQが高く、向社会的行動をよりとることができ、運動能力も高い傾向があったとのことでした。
②2008 J Child Psychol PsychiatryのUKの研究では、217人の9歳児が対象となっております。妊娠中にoily fishを摂取していた妊婦さんから生まれた子供の方が、活動性が高く、高いIQの傾向があったようです。
③2008 Environ Health PerspectのNew Yorkのコホートでは、妊婦の魚の消費と3歳時の精神運動発達や4歳時のIQが関連があると報告されています。



妊娠中の魚介類摂取は問題ないの?

食物連鎖で、魚介類にはメチル水銀の蓄積の問題があります。

その極端の例は水俣病です。

しかしながら、世界各国で調査をしており、食べ過ぎなければあまり胎児への影響はなさそうです。

厚生労働省からの報告や案内があります。
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/suigin/
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/suigin/051102-2.html
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/suigin/dl/050812-1-05.pdf
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/suigin/dl/051102-2a.pdf(パンフレット)



報告によると、マグロの刺身は一週間に一回程度であれば大丈夫のようです。

これは一般的な家庭であれば、通常量ではないでしょうか。

また、食物連鎖で下位の小さな魚は制限はなし、ツナ缶も制限ない(原材料がカツオやあまり大型のマグロではないからのようです。)ようです。


それでも心配であれば、サプリメントで摂取するという方法もあると思います。

2003 Pediatricsによると、cod liver oil(タラの肝油 10ml, DHA 800mg含んでいます)を妊娠18週から分娩後3ヶ月まで摂取した群とプラセボ群を比較したところ、前者の方が4歳時の精神発達がよい傾向を示したようです。

さらに、早産が減る可能性を示した別の研究もあります。(Am J Clin Nutr 2013)
350人を対象とし、一日600mgのDHAの補充をした群とプラセボ群と比較したところ、DHAを補充した群の方が34週未満の早産を減らし、出生体重を増加させるとの報告がありました。

幸いなところDHAのサプリメントは特に母親や胎児への有害事象もないようです。


もちろん、魚介類やサプリメントを取れば必ず子供の頭がよくなるといった話ではないですが、日本という海に囲まれた島国で暮らしているのですから、非常に興味のある話でないかと思います。

また、授乳からも乳児に移行しますので、産後の方も時々魚介類を摂取をしてもよいのではないかと思います。

副院長 今野 秀洋

投稿者: 佐野産婦人科医院

2014.02.15更新

最近、通院している妊婦さんにお子さんの通っている保育園、幼稚園等で水痘が流行してると聞きました。
妊娠中の胎児への影響について質問がありました。

水痘は水痘帯状疱疹ウィルスの感染によっておこります。
毎年100万人の患者が発生していると言われていますが、そのほとんどは9歳以下です。

本邦では95%から98%の成人女性は水痘に対する抗体を有しています。
水痘もしくは帯状疱疹に一度かかったことのある人は再感染はしません。
(水痘感染後に、成人期(多くは50歳以上)に帯状疱疹として再燃することはあります。)

水痘の症状は?
2週間程度の潜伏期間を経て、かゆみを伴う全身性発疹が生じます。やがて発疹は水疱となり、最終的には痂皮化します。

ただし、妊娠中は重症化しやすく、特に妊娠末期に肺炎の合併が増えるようです。

胎児に感染しますか?
ガイドラインによると、
妊娠初期 0.55%
妊娠中期 1.4%
妊娠末期 0.0%
の先天性水痘症候群の発症の報告があったと記載されています。

また、妊娠20週から分娩21日前に水痘に感染すると、出生した児の 9%は水痘に感染することなく乳幼児期に帯状疱疹を発症します。


先天性水痘症候群の症状は?


妊娠中に帯状疱疹が再燃したときは?
帯状疱疹が再燃しても胎児への影響はないようです。

妊娠中に予防接種はできますか?
妊婦にはワクチン接種は勧めません。

日本では、妊婦が初感染する可能性は低く、また感染したとしても胎児に影響がでる可能性もまた低いようですが、
もしご心配、ご不明の点がございましたら外来でお聞き下さい。

副院長 今野 秀洋

投稿者: 佐野産婦人科医院

2014.01.30更新

『車で事故しました!」と外来受診をされる方がいらっしゃいます。

衝突時の状況によると思いますが、母子ともに影響を与えることがあります。

妊婦の交通事故208人の調査では、シートベルト装着した妊婦の死亡率が3.6%に対し、シートベルト非装着者の妊婦の死亡率は7.8%でした(2倍以上です)。
また、車外に放出される事故はシートベルト非装着者のみに起こり、この場合の妊婦の死亡率は33%、胎児の死亡率は47%であったと報告しています。

シートベルト装着した妊婦1243人と装着していなかった1349人を比較した論文によると、
シートベルトを装着していない場合、胎児死亡が4.1倍2500g以下の低出生体重児の出生が1.9倍衝突事故後48時間以内の出生が2.3倍との報告されています。

皆さんシートベルトしていますか?

お腹が大きいことを理由にシートベルトをしていない人がいると思います。
最近の車はエアーバッグがあるから大丈夫とおっしゃる方もいらっしゃいます。

こんな報告があります。

衝突事故で(児が生命の危機にさらされる)常位胎盤早期剥離が生じることがありますが、事故による7例の常位胎盤早期剥離のうち、エアーバッグ装備した車で4例(57%)生じたようです。


シートベルトをしましょう。

警察庁ではシートベルト着用を勧めています。
http://www.npa.go.jp/koutsuu/kikaku/seatbelt/index.htm
日本産婦人科学会でもシートベルト着用を勧めています。
http://www.jsog.or.jp/news/pdf/poster_seatbelt.pdf





車に乗るときは、後部座席に座り、写真のようにお腹の膨らみを避けて、肩ベルトを胸の間を、腰ベルトは腰骨の上に通すとよいようです。

自分自身と新しい家族の為に、実行して下さい。

副院長 今野 秀洋

投稿者: 佐野産婦人科医院

2013.12.29更新

妊娠中は比較的、歯周病やう歯になりやすいです。
妊娠性歯肉炎の有病率は報告によってまちまちですが、35〜100%と言われています。

この理由は、妊娠に伴い亢進した女性ホルモンが、口腔内の細菌叢及び免疫能の影響を与えるからと言われています。
また、つわりのときは嘔気が強く、十分に口腔内の清掃ができないこともリスクを高めます。

歯周病やう歯は、単に腫れたり、痛いだけではなく、妊娠にも影響を与える可能性もあると言われています。

①早産
口腔内の6割以上の歯周組織破壊がある人の早産・低体重出産の危険性はオッズ比7.5倍との報告があります。
これは、歯周組織で産生された炎症物質が血流を介して子宮や胎盤に影響したり、あるいは歯周病原細菌が血液を介して子宮や胎盤に感染するかのではないかと考えられています。

②妊娠高血圧症候群
ひどい歯周病があると妊娠高血圧腎症の発症は、オッズ比2.4倍との報告があります。
これも歯周組織で産生された炎症物質が影響しているのではないかと考えられています。

以上の理由により、僕は妊娠中のう歯の治療を勧めます。


では、妊娠中のう歯治療は問題ないのか?

皆様が心配する点は、検査で行うレントゲン(放射線)と治療で使用する薬の影響だと思います。
確かに妊娠15週頃まで(特に妊娠12週頃まで)の期間は、胎児の薬や放射線に対する感受性が高いので注意が必要です。
http://www.sanolc.com/blog/2013/11/post-14-695687.html

(1)放射線について
現在歯科で行われてるレントゲン撮影方法である、口内法でもパノラマ法でも被曝線量は約0.02mSvです。
胎児に放射線障害を引き起こす線量は100mSvと言われており、うっかり妊娠とは知らずに受けてしまっても、あまり心配はいらないと思われます。
(ちなみに一番線量が多い骨盤CTでも25mSvです。)

(2)薬について
歯科で使用される薬で気になるのは、主に局所麻酔薬と抗生剤と鎮痛剤だと思います。

①局所麻酔薬
これにはリドカインとエピネフリンという二つの成分が入っています。
リドカインについては、今のところ胎児に対する悪影響の報告はありません(妊娠初期においてもです。)
エピネフリンは血管収縮作用があり、大量投与されれば、胎盤への血流が減少する可能性はあります。しかしながら、歯科で使用する量は80000分の1という低濃度であり、あまり心配はいらないと考えられています。


②抗生剤
胎児に対して100%安全であると記載された抗生剤は一つもありません。
そこで、臨床である程度長い期間使用経験があり、胎盤からの移行性の少ない、つまり危険性が少ないもの(セフェム系やマクロライド系)を使用します。

③鎮痛剤
鎮痛剤の中には、胎児に悪影響を与えるものもあります。これもまた危険性の少ないもの選択して使用します。アセトアミノフェンが比較的安全とされています。

というわけで、少なくとも妊娠15週以降であれば、あまり心配はなく治療が受けられると思います。
逆に、妊娠後期になってくると、仰向けの体位で血圧が低下することがあるので、治療を受ける際の体勢に注意が必要となるかもしれません。
そうすると歯科治療は妊娠中期がよいと思われます。

また、自治体では妊婦歯科健康診査を勧めています。
(浦安市)
http://www.city.urayasu.chiba.jp/dd.aspx?menuid=2365
(市川市)
http://www.city.ichikawa.lg.jp/pub03/1111000035.html

安心した妊娠経過のためにも、是非歯科検診と治療を受けて下さい。
必要に応じて、治療の際は近隣歯科医との連携も取ります。

副院長 今野 秀洋

投稿者: 佐野産婦人科医院

2013.11.28更新

妊娠を希望されている方や現在妊娠中の方から
「持病でお薬を内服しているが、妊娠しても大丈夫でしょうか?」
「妊娠に気づかずにお薬を飲んでしまいました!」
「妊娠中ですが、お薬飲めますか?」 といったご質問をよくお聞きします。

確かに妊娠中のお薬の服用は慎重になりますが、明らかに危険性が認められているのはごく一部のお薬であり、多くのお薬はあまり心配しなくても大丈夫だと思います。


お薬の胎児への悪い影響は二つあります。
奇形を作る「催奇形性」
発育や臓器機能を悪くする「胎児毒性」です。
これらの影響はお薬を使用した時期によります。

妊娠時期 考えられる薬の影響

妊娠週数の数え方はこちらからhttp://www.sanolc.com/blog/2013/11/post-13-691990.html

催奇形性について
そもそもお薬に関係なく、様々な奇形が自然に発生します。先天性奇形の発生頻度は大小あわせて、おおよそ100人中2人くらいです。
このうちお薬が原因となるのは、1%ぐらいと言われています。
ホルモン剤、抗てんかん薬、抗がん剤、抗血液凝固薬、放射性薬品などで危険性が言われていますが、それほど一般的なお薬ではないと思います。

胎児毒性について
多くの薬は胎盤を通って、胎児に移行します。胎児は小さく、抵抗力が弱いので、薬の影響が強く出てしまうことがあります。
例えば、お母さんが妊娠中に飲酒や喫煙をすると胎児の発育も遅れがちで、子供の知能が低くなることがあります。
また、鎮痛剤の大量投与が胎児の心臓の血管を収縮させ、肺高血圧症の原因となったり、腎臓の機能を悪くして、尿量減少し、羊水過少を引き起こす(羊水は胎児の尿からできています!)可能性があります。


母乳からの影響もあります。
母乳を通じてお薬も移行しますので、赤ちゃんに影響を及ぼすことがあります。
新生児もしばらくの間は薬を代謝する能力が不十分です。妊娠を機に中止していた精神薬や飲酒、喫煙をすぐに元に戻さない方が良いと思います。

しかしながら、薬の影響を心配しすぎるあまりに、本来必要な薬を摂取せずにいるのは危険です。
例えば、喘息や高血圧の薬などは欠かせないものなので、しっかり飲んで下さい。

ご不明な点がございましたら、外来にてご質問して下さい。
また、このような厚生労働省の事業もあります。
妊娠と薬情報センターhttp://www.ncchd.go.jp/kusuri/

是非、活用して頂けたらと思います。

副院長 今野秀洋

投稿者: 佐野産婦人科医院

2013.11.26更新


診療時に妊娠週数をお伝えしますが、その際に驚かれることがあります。
思っていたより進んでいたんだ・。との声が多いです。

これには理由があります。

妊娠週数は月経週期が28日型の方を基準として計算しております。
最終月経の開始日を0週0日と、次の日を0週1日として、、、数えていきます。

そうすると、2週0日が排卵・受精の日となります。(ここがポイントです。)

40週0日(最終月経から280日目となります)を分娩予定日としております。


また、月経周期が不順の方は、ずれが生じることが多いので、超音波検査で胎児の大きさを測定し修正しています。

通常は複数回確認して、妊娠週数、分娩予定日を決めています。

副院長 今野 秀洋

投稿者: 佐野産婦人科医院

2013.11.16更新

現在、日本では女性全体での喫煙率が9.7%、特に30歳代では16.6%のようです。

喫煙によって、男女ともに(肺がん、喉頭がん、食道がん、女性特有の子宮頸がんなど)や、動脈硬化による脳梗塞狭心症などの発生頻度を増加させます。

もちろん喫煙は妊娠、出産、赤ちゃんへも悪影響を与えます。

妊娠への影響は?
不妊率を増加させ(オッズ比 1.6)、また自然流産は非喫煙者の約2倍になると言われています。

無事妊娠が成立しても、切迫早産(相対的危険度 1.38)、前置胎盤(2~3倍)、常位胎盤早期剥離(相対的危険度 1.37)などの頻度が増加します。

それぞれも疾患については、私の尊敬している先輩方が作成した国立成育医療研究センターのわかりやすい資料(漫画です)を参照して下さい。

前置胎盤http://www.ncchd.go.jp/hospital/section/perinatal/images/zenchi.pdf
常位胎盤早期剥離http://www.ncchd.go.jp/hospital/section/perinatal/images/sokihakuri.pdf

胎内の赤ちゃんへの影響は?
染色体異常(喫煙 12% vs 非喫煙 3.5%)、口唇裂及び口蓋裂(それぞれオッズ比 1.34, 1.22)などの頻度を増加させます。
また、赤ちゃんの体重増加を抑制させ、300gくらい小さく生まれるようであり、これは喫煙本数に依存します。

さらに、28週の以降の死産も増える(相対的危険度 1.2-1.4)とも言われています。

お産後の影響は?
母乳の分泌が減ると言われています。

生まれた赤ちゃんへの影響は?
新生児死亡(相対的危険度 1.2-1.4)、乳児突然死症候群(相対的危険度 2.0-7.2)が増加します。

さらに大きくなってからのアトピー小児喘息肥満などだけではなく、注意力欠如読み書き能力の低下にも関連するとも言われています。

母親だけの問題ですか?

もちろん、周りの人からの受動喫煙も影響します。
子宮内胎児死亡(相対的危険度 1.5)が増加します。


このように妊娠中の喫煙は良いことがありません。
妊娠を考えたら節煙、そして喫煙をしましょう。
今からでも遅くはありません。
周りの人の協力も必要です。

副院長 今野 秀洋

投稿者: 佐野産婦人科医院

2013.11.09更新

今回はつわり(悪阻)についてお話しします。

つわりとは妊娠初期に起こる、気持ち悪さや嘔吐することです。
早い人では妊娠5週頃より始まり、9週ぐらいに最も強くなり、12週~16週頃には自然によくなってきます。

症状には個人差がありますが、中にはほとんど食事が取れずに入院をする人もいます。


対処方法ですが、まずは予防だと思います。

特に前回妊娠時つわりがつらかった人は、妊娠直前から準備しておくとよいと思います。

妊娠前からのビタミンA,B1,B6,B12,C,D,E,Fや葉酸を含んだマルチビタミンの摂取が、つわりの予防をできるとの複数の医学的報告があります。

どの成分が特に有効であるかははっきりしていませんが、ビタミンB6はつわりがおこってしまった方にも有効と言われています。
また、葉酸は胎児の神経管閉鎖障害の発生頻度も減らす効果もあります。

いわゆる妊婦さん用のマルチビタミンはドラッグストアや赤ちゃん用品店で各種販売しておりますので、試してみては如何でしょうか。

次に症状が出てしまった人に対してです。

(1) トリガーとなるものから避ける
人によって異なりますが、におい、特に刺激臭(例えばたばこの煙とかカレーなど)がトリガーとなることが多いので、においが気になるものから避けて下さい。
また急に動くこともトリガーになることがありますので、ゆっくりと動く様にしましょう。
(2) 複数回に分けた食事、水分補給を
たくさん食べると嘔吐することもあるので、6回や8回などに分けて食べて下さい。
また、例えば朝は大丈夫だが夕方はつらくなるなどという症状の日内変動もあるので、調子が比較的よい時に食べるのもよいかもしれません。
また水分やミネラルの補給が大事なので、お口に合うのであれば、スポーツドリンクを取るのがよいと思います。
(3) ショウガをとる
ショウガの粉末が、つわりに有効であるという海外の報告があります。
日本では粉末を入手することは難しいので、ショウガを使った料理を食べたり、ショウガをすったものを料理に使ってもよいかもしれません。

これでもだめならば、病院で相談して下さい。

漢方薬を処方したり、脱水症状がある場合は点滴をしたりします。


つわりは本当に大変だと思いますが、つわりがあるということは、普通は妊娠がうまくいっていると考えられると思います。
時間経過とともによくなってきますので、みんなで協力してつわりを乗り越えていきましょう。


副院長 今野 秀洋

投稿者: 佐野産婦人科医院

2013.10.15更新

今回は、いわゆる三日ばしか、風疹についてお話したいと思います。

発疹、首のリンパ節の腫脹(しゅちょう)、三日続く38度以上の発熱を3つの主要な徴候とする急性ウイルス性疾患です。

昨年から今年に大流行しました。
ピーク時は852人/週の感染がみられましたが、最近は121人/週の感染と減少傾向がみられますが、まだまだ流行していると言えます。

妊娠中の方が、感染すると胎児に感染することがあります(先天性風疹症候群)。

胎児に起こりうる症状は

聴力障害    60%
心奇形     45%
白内障     25%
低出生体重児  23%
精神発達遅滞  13%       など

この子の一生に大きな影響を与える可能性のある合併症がでることが問題です。

昨年は4人に、今年は14人の赤ちゃんに診断されました。

予防できる障害は予防してあげたいです。
そのためには、まずはお母さんが風疹ウィルスにかからないようにすることです。

まずは、妊娠を考えている人は、風疹に対する抗体がなければ、予防接種しましょう。
もし、妊娠が判明してから、抗体がないことがわかった場合は、近い人(特に旦那さん)がかからないように予防接種をしましょう。


現在のところ浦安市と市川市では、①妊娠を予定、または希望している女性もしくは②妊娠を予定、または希望している女性の夫または妊娠している方の夫に対して、
平成26年3月31日まで風疹予防接種の助成金がでています。


http://www.city.urayasu.chiba.jp/dd.aspx?itemid=33329(浦安市)
http://www.city.ichikawa.lg.jp/pub10/1111000068.html(市川市)

(助成額)
風疹単独ワクチンを接種した場合          3,000円
麻しん風しん混合ワクチン(MR)を接種した場合    5,000円

ちなみに市川市以外の医療機関で接種を受けた場合も助成するとのことなので、当院でも接種できます。

是非、活用して下さい。

副院長 今野 秀洋

投稿者: 佐野産婦人科医院

2013.10.10更新

今日は妊娠中の貧血についてお話させていただきます。

もともと女性で貧血の方は多いですが、妊娠中は胎児に鉄をとられるため鉄欠乏性貧血になりやすいです。

妊娠中の貧血は、胎児の成長に影響を与えたり、新生児貧血の原因にもなります。
またお母さん自体の産後の回復も悪くなりがちです。

妊娠中の必要な鉄の量は一日20mgです。しかし、通常の食事ではだいたい7~8mgしか摂取できません。

そこで、鉄分を多く含む食品を取るように心がけてください。

鉄分を多く含む食品:牛・豚・鳥のレバーや肉、鰹やマグロ、大豆、ひじき、ごま、ほうれんそうなど

特に肉や魚には吸収のよい鉄分が含まれており、お勧めします。レバーはダイオキシンやビタミンAの過剰の問題もあるようなので、あまり気にしすぎる必要はないと思いますが、一週間で一回程度にしていただけたらよいと思います。

鉄分の吸収をよくするには、ビタミンCやB12を一緒に取るとよいです。

また、市販の妊婦用の鉄分のサプリメントが各種ありますので、そういうもので摂取してもよいと思います。

副院長 今野 秀洋

投稿者: 佐野産婦人科医院

前へ 前へ