スタッフブログ

2013.10.10更新

今日は妊娠中の貧血についてお話させていただきます。

もともと女性で貧血の方は多いですが、妊娠中は胎児に鉄をとられるため鉄欠乏性貧血になりやすいです。

妊娠中の貧血は、胎児の成長に影響を与えたり、新生児貧血の原因にもなります。
またお母さん自体の産後の回復も悪くなりがちです。

妊娠中の必要な鉄の量は一日20mgです。しかし、通常の食事ではだいたい7~8mgしか摂取できません。

そこで、鉄分を多く含む食品を取るように心がけてください。

鉄分を多く含む食品:牛・豚・鳥のレバーや肉、鰹やマグロ、大豆、ひじき、ごま、ほうれんそうなど

特に肉や魚には吸収のよい鉄分が含まれており、お勧めします。レバーはダイオキシンやビタミンAの過剰の問題もあるようなので、あまり気にしすぎる必要はないと思いますが、一週間で一回程度にしていただけたらよいと思います。

鉄分の吸収をよくするには、ビタミンCやB12を一緒に取るとよいです。

また、市販の妊婦用の鉄分のサプリメントが各種ありますので、そういうもので摂取してもよいと思います。

副院長 今野 秀洋

投稿者: 佐野産婦人科医院

SEARCH

TEL 047-352-5705 分娩・時間外緊急専用電話 047-303-3020
top_img14_1_sp.png
top_img14_2_sp.png
TOMORU助産院TOMORU助産院
院長ブログ院長ブログ
スタッフブログスタッフブログ
フェイスブックフェイスブック
浦安市長への意見書浦安市長への意見書
署名運動ご協力のお願い署名運動ご協力のお願い