スタッフブログ

2016.11.13更新

先日、NHKニュースの取材を受けました。




東京オリンピック開催前までに、風疹の排除を目指すというテーマです。

風疹とは(http://www.sanolc.com/blog/2013/10/post-6-647568.html



特に、妊娠をこれから考えている人には、予防接種をお勧めしております。
以前のblog(http://www.sanolc.com/blog/2014/06/post-38-897646.html)


なぜかというと、妊娠中に感染すると、子宮の中の赤ちゃんに感染して、先天性風疹症候群となることがあります。ちなみに妊娠1か月に感染した場合、胎児に感染する確率は50%以上です。

胎児に起こる症状

聴力障害    60%
心奇形     45%
白内障     25%
低出生体重児  23%
精神発達遅滞  13%   
   など。

つまり一生の後遺症となります。

先天性風疹症候群は、お母さんがかからなければ、おこりえません。


日本では、2013年から2014年に、風疹が流行しました。
確かに、最近は下火になっております。

現在の風疹の発生状況
 東京都(http://idsc.tokyo-eiken.go.jp/diseases/rubella/rubella/
 千葉県(https://www.pref.chiba.lg.jp/eiken/c-idsc/

しかしながら、これからまた流行する可能性が十分あります。

その理由ですが、
①幼少時に風疹の予防接種を受けていない方がいます。
 昭和37年4月2日〜昭和62年10月1日生まれの男性
 昭和54年4月2日〜昭和62年10月1日生まれの女性


②上記以外の方でも、予防接種を受けていない人がいます。

③以前罹患したと思っている方が、実は別の感染症(例えば、はしか、おたふく風邪)の罹患歴と混同している可能性もあります。

④2013年の感染は、風疹が流行していた外国へ渡航した方が、日本に持ち込んだ可能性があります。

ということは、日本在住の方が、しっかり風疹に対する免疫ができていないと、もしかしたら東京オリンピック後に風疹が流行するかもしれません。


ちなみに妊娠中は、予防接種ができません。

落ち着いている今こそ、風疹の予防接種をお勧めしたいと思います。

院長 今野 秀洋



http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/rubella/vaccination/

投稿者: 佐野産婦人科医院

TEL 047-352-5705 分娩・時間外緊急専用電話 047-303-3020
top_img14_1_sp.png
top_img14_2_sp.png
TOMORU助産院TOMORU助産院
院長ブログ院長ブログ
スタッフブログスタッフブログ
フェイスブックフェイスブック
浦安市長への意見書浦安市長への意見書
署名運動ご協力のお願い署名運動ご協力のお願い