スタッフブログ

2020.03.27更新

 

現在、COVID-19について様々な情報があふれています。
ご両親は自分のこともさることながら、我が子の感染に不安な日々を過ごされていると思います。

 

 

全年齢での72314例の報告によると10歳以下の患者数は1%以下と少ないという報告がありました。


最近、COVID-19の子どもの感染に絞ったテーマの報告がいくつかでてきました。

 

 

 

(1)新生児についての報告


中国の武漢にあるWuhan Children’s HospitalからCOVID-19に感染した母親から生まれた33名の報告がありました。

33人のうち3人(9%)の生まれたての赤ちゃんにCOVID-19感染を認めました。

 

全例帝王切開術で生まれ、そのうち1名は早産でした。全員生存しております。

 

①40週の時点で、母親がCOVID-19感染による肺炎と羊水混濁を認め、帝王切開手術となりました。
児は生後2日目に傾眠傾向と発熱を認め、NICUに入りました。
レントゲン検査では肺炎と診断されました。
生後2日目の時点でCOVID-19陽性と判断されましたが、生後6日目には陰性となっておりました。

 

 

②40週4日の時点で、母親がCOVID-19感染による肺炎を認め、帝王切開手術となりました。
児は、傾眠傾向、嘔吐、発熱を認めました。
レントゲン検査では肺炎と診断されました。
生後2日目の時点でCOVID-19陽性と判断されましたが、生後6日目には陰性となっておりました。

 

 

③30週2日の時点で、母親がCOVID-19感染による肺炎と胎児仮死にて帝王切開手術となりました。
児は、肺炎、敗血症,凝固異常を認め、人工呼吸器などの治療を要した。
生後2日目の時点でCOVID-19陽性と判断されましたが、生後7日目には陰性となっておりました。

 

生後間もない児の感染のため、妊娠中の母から子へのいわゆる「垂直感染」が起きた可能性もあるとのことでした。

 

 

 

 

(2)1391人の子どものCOVID-19感染症の報告

 

 corona年齢

 

 

 

corona性差

 

 

 

主な症状

 

corona症状

(③の文献を参照しました。) 

 


9割近くが、家族でのクラスター感染のようです。

 

 

 

 

別の論文によると、子どもの症状は、多くは軽度から中等度です。
しかしながら、1歳未満は割合で言うと、重症と致命的の頻度が他と比べてやや多いので注意が必要です。

 

 

corona重症度

 (④の文献を参照しました。)

 

 

 


まとめると

 

子どもの感染率は高くなさそうであり、多くは軽症から中等度の症状である。
9割近くが、家族内感染が考えられる。

 

しかしながら、1歳未満は、比較的重症化しやすく、また、妊娠中の母から子へのいわゆる「垂直感染」が起こる可能性が否定できない。

 

妊娠中の方、出産されたお母さん、お父さんや家族は、子どものためにもCOVID-19感染の予防に心がけることが大事だと思います。

 

 

院長 今野 秀洋

(参考文献)
①Wu Z , et al.; Characteristics of and Important Lessons From the Coronavirus Disease 2019 (COVID-19) Outbreak in China: Summary of a Report of 72 314 Cases From the Chinese Center for Disease Control and Prevention.; JAMA(2020 Feb 24)
②Zeng L et al.;Neonatal Early-Onset Infection With SARS-CoV-2 in 33 Neonates Born to Mothers With COVID-19 in Wuhan, China;JAMA Pediatrics(2020 Mar 26)
③ Lu X, et al.;SARS-CoV-2 Infection in Children;New England Journal of medicine(2020 Mar 18)
④Dong Y,et al.;Epidemiological Characteristics of 2143 Pediatric Patients With 2019 Coronavirus Disease in China.; (2020 Mar 16) 

 


 

 

 

投稿者: 佐野産婦人科医院

2020.03.13更新

 

新しくCOVID-19に感染した妊婦の中国からの報告がありました。

 

22〜36歳の妊婦の13名

 

症状
37.3℃から39.0℃の発熱が10名(77%)、呼吸困難が3名(23%)

 

 

妊娠28週未満が2名で妊娠後期が11名(妊娠25週〜妊娠38週)

その妊娠28週未満の2名(妊娠25週と妊娠27週)と妊娠33週の1名の計3名が入院後に改善し帰宅となっています。

 

 

残りの10名(妊娠32週〜妊娠38週)は全例帝王切開手術となり、分娩に至っています。

半数は緊急帝王切開術となっております。

 

 

緊急帝王切開術の理由は

胎児機能不全(昔で言う「胎児仮死」)が3名
(妊娠34週の)前期破水が1名
死産が1名

また10名のうち6名が早産(46%)となっています。

 


現時点では、母は全員生存しております。

ただし、死産のケースの妊娠34週の方は、重症肺炎となり、敗血症、多臓器不全にて人工呼吸器を必要とする状態となり、現在もECMO(extracorporeal membrane oxygenation)という心肺補助装置を使用しているようです。

 

 


13名と数が少ないので断言できませんが妊娠後期の妊婦の方が、COVID-19に比較的感染しやすく、重症化しやすい可能性があります。

またCOVID-19に感染すると早産しやすいもしくは早産とせざるを得ない状況になるのかもしれません。

 

 

 

前回のブログで書いたように、妊婦中の方はCOVID-19に限らず感染症は重症化しやすいと考えられており、いつも以上に注意が必要だと思います。


妊産婦さんは、手洗いを徹底し、なるべく不要な外出を控えるようにしましょう。

 

 


院長 今野 秀洋

 

(参考文献)

Liu Y et,al; Clinical manifestations and outcome of SARS-CoV-2 infection during pregnancy;J Infect.;2020

 

投稿者: 佐野産婦人科医院

2020.03.01更新

COVID-19感染症が流行しているようです。おなかに赤ちゃんがいる方はとても心配な気持ちでおられると思います。

 

現在、妊産婦におけるCOVID-19の報告はほとんどなく情報が少ないのですが、
妊婦中の方は、妊娠していない方と比較して、一般的に感染症は重症化しやすいと考えられております。

 

 

中国から妊娠後期にCOVID-19に感染した報告がありましたのでご紹介します。

 

 

年齢は26〜40歳、妊娠36週から39週の9名の報告です。

いずれも糖尿病や慢性高血圧や心臓血管系などの疾患を持つ方はいませんでした(妊婦さんでは基礎疾患がある方が感染するとは言えないようです。)。しかし、一人だけ妊娠高血圧症候群を発症していた方がいました。

 

 

症状は、以下のようです。

入院時発熱 7名
分娩後発熱 6名
呼吸困難  1名
気分不快  2名
悪寒戦慄  0名

上気道感染症状
咳     4名
咽頭痛   2名
筋肉痛   3名

下痢    1名

 

発熱の方が多いのですが、39℃以上の方はいませんでした。

 

幸い、重症肺炎になった方はいませんでした(2020年2月4日の時点)。

 

 

そして発症後1-7日後に分娩となっています。

 

赤ちゃんの方も重症胎児仮死や胎児死亡及び新生児死亡したケースはありませんでした。

 

 

9名と少ない症例報告なので断定はできませんが、母子ともに重症化していないことは嬉しい情報でした。

 


しかしながら、先ほどお話ししたように、妊婦中の方は、妊娠していない方と比較して、一般的に感染症は重症化しやすいと考えられており、やはりいつも以上に注意は必要だと思います。

 


対策として、妊産婦さんは、手洗いを徹底し、不要な外出を控えるようにしましょう。
また、軽症でもCOVID-19感染症の疑われるような場合は、妊婦健診日を少しずらしても問題ないと思いますので、主治医に電話でご相談して下さい。


WHOが推奨するCOVID-19感染症の予防投与法
https://twitter.com/WHO/status/1218269428166602753/photo/1

 

 


猶、最新のCOVID-19感染症の情報は、日本産婦人科感染症学会のホームページで頻回にアップデートされております(http://jsidog.kenkyuukai.jp/information/)。
是非ご覧になって下さい。

 

 

 

 

院長 今野 秀洋

(参考文献)
1. Huijun Cheney al.;Clinical characteristics and intrauterine vertical transmission
potential of COVID-19 infection in nine pregnant women: a retrospective review of medical records;Lancet;2020
2. ACOG; Practice Advisory: Novel Coronavirus 2019 (COVID-19); https://www.acog.org/Clinical-Guidance-and-Publications/Practice-Advisories/Practice-Advisory-Novel-Coronavirus2019?fbclid=IwAR2jJCsNZ2JrfZfOecynuTLnuco7z5CDp8ZFrk3_v-pdR-LnuNd9cj5Jt-o

 

 

 

 

 

 

投稿者: 佐野産婦人科医院